最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

浜田省吾「100% FAN FUN FAN 2017」の非売品ステッカーもらった。

浜さんのDVDリリースや
新しい会報など
にわかに話題があるのだけれど
会報とは別便でロースカから
封書が届いた。

何だろうと開けてみるとこれ。

sh fff

そう言えば、100%FFFの感想を
投稿したんだった。
今回の会報に掲載されるものだったけど
まあ、上の紙に書かれているようになりました。
でも、今回はGOODS買えなかったので
これは嬉しい。

会報も図らずも100%FFFファイナル
になった広島公演に焦点を当てて
いるので地元のファンは嬉しい。

今回は小ネタで失礼しました~。



NHK-FMの音楽の新番組情報

NHK-FMだけが今や洋楽番組を
支えてると言っても過言ではないよね。

ラジオ深夜便も毎日洋楽を深夜2時から
特集してるけどこれもNHK-FMでも
聴けるのでなおさら。

というわけで
明日3月12日からNHK-FMでオンエアされる
洋楽を含めた音楽番組を2つご紹介します。

NHK-FM 「萩原健太のポップスクロニクル」
3月12日から16日 午後6時から6時45分

音楽評論家の萩原健太が、
1950年代から1990年代に
かけての日本、そして世界の
ヒットソングを毎回10年ごとに
区切って紹介する。
(公式H.Pより)

こちらは邦楽も含めての内容に
なるようだけど興味深い。

2つ目は
NHK-FM 「忘れじの洋楽スター・ファイル」
DJ/矢口清治 
3月12日から15日 午後4時から4時25分
第1回 サイモン&ガーファンクル(3/12)

久しぶりの矢口氏のDJで
70年代-80年代全米TOP40(ラジオ関東)
ファンにとってはおなじみの方。

こちらはNHKらしいエヴァ―グリーン(古い)
な洋楽アーティストを25分というコンパクト
な尺で紹介するようですでにオンエアリストは
H.Pに掲載されている。
現在4日分しか確認出来ていないが
毎週ベルトでオンエアされるかどうかは
未確認です。

ミュージシャンやタレントが行うDJはたくさん
あるがこうして音楽に特化したライターや
専門DJの番組がもう少しあればといつも
思っているので紹介しました。

いずれにしても番組の情報は
ネットのNHK-FM番組表を確認して
頂けたらと思います。







浜田省吾 「ON THE ROAD 2015-2016」の映像が商品化決定。

DWuHoM6UMAA-6CW.jpg
このショットがジャケかどうかは?です。

映画が昨日終了した。

広島でも昨日観た人によれば
平日で100人以上入っていたとのこと。

それにしてもプレスリリースの素早さには
驚いたというより
「苦笑」している人もいそう。
まあ「舌の根の乾かぬ内」にだよね!
「業界っぽい」というより「かわいいなあ」
という印象ですね。

FCでは本日、浜さんのメッセージ映像も
あり、この映像の編集を完了して
「新しいプロジェクト」というキーワードが
ご本人から発せられた。
さあ、なんだろうね?

取り急ぎメールが来たのでコピペします。

LIVE Blu-ray & DVD
『SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016
“Journey of a Songwriter”』の発売が決定しました!

発売日:2018年4月25日(水)
発売元:SME Records
完全生産限定盤
タイトル
:『SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016
“Journey of a Songwriter”』

[Blu-ray版]
Blu-ray+2CD /品番:SEXL218-220
/価格:¥11,000+税

[DVD版]
2DVD+2CD /品番:SEBL2018-2021
/価格:¥11,000+税

※三方背スリーブケース・デジパック仕様


通常盤(劇場上映版)
タイトル:『SHOGO HAMADA ON T
HE ROAD 2015-2016
旅するソングライター
“Journey of a Songwriter”』

[Blu-ray版]
品番:SEXL221 /価格:¥4,200+税

[DVD版]
品番:SEBL2022 /価格:¥4,200+税

2015年、10年ぶりとなるオリジナルアルバム
「Journey of a Songwriter ~
旅するソングライター」
の発売を受けてスタートしたホールツアー
「ON THE ROAD 2015
“Journey of a Songwriter“」
のフェスティバルホール公演と、ソロデビュー
40周年となった翌2016年のアリーナツアー
「ON THE ROAD 2016 “Journey of a
Songwriter” since 1976」のさいたま
スーパーアリーナ公演の模様を収録
したライブ映像作品。

限定盤はホール公演とアリーナ公演を
織り交ぜた2時間半を超える本編映像の
ほか、本編に入り切らなかったライブ映像
やミュージックビデオなどの特典映像を
多数収録。さらに、ライブ音源で聴く
アルバム「Journey of a Songwriter ~
旅するソングライター」
2枚組CDも同梱します。
通常盤として、2018年2月に劇場上映され
話題となった、浜田省吾初となる約2時間
のコンセプチュアル・ライブ映像を映画館
での迫力をそのままパッケージ化し
同時発売します。


先着購入特典のお知らせ

完全生産限定盤「SHOGO HAMADA
ON THE ROAD 2015-2016 "Journey of a
Songwriter"」(SEXL218-220/
SEBL2018-2021のいずれか)を対象店舗で
ご予約、お買い上げの方に、
先着でオリジナルポスターを
プレゼントします!
ポスターの絵柄は追ってお知らせ
しますのでお見逃しなく!

対象店舗一覧は下記ページをご覧ください。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/ShogoHamada/shoplist/180425/

SHOGO HAMADA 2015-2016 "旅するソングライター" 映画観てきた。

shjs1.jpg
広島は2館での上映でこちらは安佐南区緑井
にあるTOHO CINEMAS

shjs2.jpg
本日の上映予定の電光掲示板
なんかカッコいいね。

shjs3.jpeg
ムビチケ買ってなかったので
1時間半前にタブレットで事前予約して
発券機にて出力。

shjs4.jpeg
今回の映画のフライヤー。
昨年プレスリリースになった後
TOHO CINEMASに来て持って帰った。
一般的には本日もそうだけど映画
上映時には入手出来ないのは
いつもの事だけどなんとか
なんないかな。

shjs5.jpeg
入手出来なかった方に
裏面も掲載します。

2月9日から封切りになった
浜さんの映画館でのLIVE映像
を本日観てきました。

大阪フェスティヴァルホールと
埼玉スーパーアリーナの
ホールとアリーナツアーそれぞれの
見どころをイメージ映像を交え
2時間に編集された内容である。

イメージ映像とLIVEのクロスは
基本LIVE映像ベース
なので全然問題なくむしろ、
いいバランスで
編集されていたように思う。

とても大きな画面で観るステージ
はまるで会場にいるような迫力で
想像超える臨場感である。
画面UPになるといろいろな
発見がある。
例えば「ここの裏声、浜さんが
歌ってたんか」とかギターコード
のフォームがしっかり判る。
「浜さん意外とギター譜通り
のフォームなんだな」とか
正直1回では観きれない。

上映は22日までなので
「どうしょうか」迷っている人には
「迷わず行ってください」と言いたい。

もう一つ、言いたい
またGODDSが売り切れだった。


BRUTUS(ブルータス)「山下達郎サンデー・ソングブック25周年特集」をゲット。

ブルータス2018/02/15号は
な~んと達郎さんのサンソンの特集。

bru1.jpg

このような表紙のブルータスが
コンビニに置いてあるって凄い。

bru2.jpg

特集の冒頭部分であるがこのように
70P余にわたって番組の様子や内容が
これでもかっていうくらい掲載されている。

bru3.jpg

マニア心をくすぐるDJブースの「机の上」  
左に立てかけてあるギターはGIBSON J160E
と見受けられる。
(ザ・ビートルズのジョンがよく使っていた事で
殊に有名なトーンコントロールが付いたアコギ)    
以前はギルドを持って来られていた
時期もあるはず。

bru4.jpg

机上の拡大された写真が特集の
ラストにあった。
机上の手前にあるのは私も持っている
「BILLBOARD TOP R&B SINGLES 1942-1999」
同じ表紙の版本(嬉しい)
何年か毎に更新されるので同じのってなかなか
ない。

サンソンは基本的にサタソンから全部
録音してきてます。
長いですが経緯を書いてみます

放送当時は1年位で終了すると
思っていたので(達郎さんDJ番組は
そういうの結構あったので)
終了したら聴き返そうって感じで。
でも現在25周年ですよ、
放送開始当時はカセットの
54分で録り始め年数が増えて
くるとこれではかさばると思って
脆弱な120分テープで2週分
録るようになりカセットも壊れて
MDを買ってLP4(4倍録れる)で
1本で5週分録れるようになり、
MDも壊れて次は「PCでFMラジオ」
(PCにUSBを差込みして受信する物)
を買ってPCで録るようになり
それも最近はアプリが対応しなくなり
タイマーもうまく作動しないんで
不便なのでICレコーダーで録ったり
結局今年からラジオ付ICレコーダー
を買ってタイマー録音という現在、
メディアの遍歴が我ながら大変である。

本の詳しい事は書きませんが
この特集は凄いです。
隔週刊誌なのでお見逃しなく。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»