FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

2017年クリスマスソング・セレクション19.ザ・バンド「クリスマス・マスト・ビー・トゥナイト」

islands cd

今朝も寒くてブルブルしながら
レコードのある部屋に入ったら
即座にザ・バンドのクリスマス曲を
思い出した。

最近かなりレコードを整理したので
その盤の在処がすぐに判ったので
取り出しターンテーブルにのせて
聴いた。

冷え切った部屋にイントロの素朴な
アコギの音が響きなんとも素晴らしい
数分を過ごした。

これが音楽の素晴らしいところで
俗にいう"Three Minites of Paradise"
(3分間の楽園)というわけである。

ザ・バンドである。
70年代アメリカを代表すると言って良い。
カントリー、ブルース、ゴスペルを
ベースにロックバンド然とした
サウンドで世界中に多くのファンが
存在している。

ここに日本においてもボブ・ディランの
バックを務めたことも含めて
昨日言ったハードロック
に行かなかった人はこちらの
ザ・バンドを聴いている人は
多いと思う。

山下夫妻ではまりやさんがザ・バンド
の大ファンで達郎さんも好きだけど
「絶対コピー出来ないバンド」って
話をサンソンでしていた。

浜さんもザ・バンド大好きだけど
特に1st辺りは日本のザ・バンド
っぽいサウンドでいいよね。

ザ・ビートルズのジョージは
ザ・バンド好きで自分の
ソロアルバムでは彼らに比較的
近いサウンドを創っていた。
それゆえ私はジョージのソロアルバム
が好きでだいたい全部聴いている。

そのジョージがザ・バンドについて
「最初聴いたときは捉えどころがなく
何が何だか判らなかった」と語っていて
驚いた事がある。

実は私も中学生の時に初めて聴いて
判るようなふりをしていた。
洋楽ファンは買ったレコードを元を
取りたいがために我慢して聴くという
行為をすることがある。
ロック史上指折りの名盤ザ・バンド
(セカンドアルバム)を好きになるまで
かなり時間がかかったもんである。

本日のクリスマスソングは
1977年にリリースされたオリジナル
メンバーによる彼らのラストアルバム
「アイランズ」のアナログでA面ラストに
収録されている曲。
曲歌共にロビー・ロバートソンが担当。
こういうアルバムにさりげなく存在する
クリスマスソングもいいものです。

アルバムがいまいち評価低いけど
本日通しても聴いてみたけど
時代やサウンドが変わり始めた頃で
それを考慮してもいいレコードだと
思う。
確かにロビー・ロバートソン色が強いけど。

そして更に山高く積み上げられた
クリスマスのCDを見てたら未開封
のCDを発見。

しかもその中にあったのが
本日の曲でロビー・ロバートソンが
セルフカヴァーしている音源。
どうやら1988年に録音されたようで
その頃はロビーが最初の
ソロアルバムを
リリースした後で確かにサウンドが
似ている。
これは1995年にリリースされた
クリスマスのコンピ「ウインター、
ファイアー&スノウ」
というCDに収録されている。

年の瀬や新年の時期はザ・バンド聴く
というのはもはや年中行事になって
おります。





スポンサーサイト

2017年12月18日 | クリスマス | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。