FC2ブログ
Everybodys Rockin
洋楽聴いて40年余。何気ない日々に一筋の光を!Keep on Rockin!
2017年クリスマスソング・セレクション10.ザ・ビートルズ「クリスマス・タイム(イズ・ヒア・アゲイン)」
2017年12月09日 (土) 20:52 | 編集
free as abird

昨日に引き続きジョン・レノン関連と
いう事でザ・ビートルズのクリスマスレコード。

来週、遂にリリースとなる彼らの
クリスマス・レコードのアナログ盤BOXだけど
私は購入しないのでこちらについては
メンションはしませんので悪しからず。
(CDはリリースなし)

きょうのクリスマスレコードは1995年に
アンソロジープロジェクト時に新曲として
リリースされた「フリー・アズ・ア・バード」
の4曲入シングルCDに収録された
ヴァージョン。(アナログシングル
は片面1曲だったのでB面だった)

かなりのファンでない限り彼らがデヴュー
から解散まで毎年クリスマスレコードを
つくりファンクラブでプレゼントしていたと
いう事は知らないのでは。

私もこの95年のシングルを聴くまで
知りませんでした。

来週オリジナルな形でリリースとなるので
これでかなり知られる事となったと思いますが
全7枚の内容やいかに?

というわけで以前も拙blogで取り上げたので
もう少し詳しくはそちらを。

そうそう話を戻すと
1995年に公式初リリースとなった
ザ・ビートルズのクリスマスソング
だが以下のようにちょっと複雑
なので整理する。

4人の作曲でもともとレコーディング
されたオリジナルテイクは1967年
11月28日の1日で録音された。
曲自体は6分30秒くらいの長さがある。
しかし歌詞もメロディーも殆どなく
タイトルをひたすら連呼するスタイル
で延々6分37秒ある。(楽器で演奏はしている)
その日はこれ以外にもスピーチや寸劇
が録音された。
(この67年盤以外はほとんどこんな感じ)

結局、当時1967年に配布された
クリスマスレコードは1分位の「連呼の部分」
以外はスピーチが被せてあった。

1995年今回紹介するヴァージョンは
計3分くらいの尺で「連呼部分=曲」は
2分位ありスピーチの部分が少なめに
なっていた。
加えて1966年に録音された挨拶メッセージ
も加えてあった。

一応3ヴァージョン聴いてみたがやはり
1995年ヴァージョンが一番曲らしく
まとまっていることが判る。

というわけでジョンの回顧というより
ザ・ビートルズのうんちくになって
しまいました。

聴き返していたら、気になりだしたので
悪しからずです。

でも本日ちゃんとジョンのベスト盤を
聴いていました。
名曲だらけです、当たり前ですけど。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.