最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

レコード・コレクターズ2010.3 シンガーソングライターSP

レココレ2010 3

発売されて、ちょいと時間がたったが、
今月のレココレは私の好きなジャンル
「シンガーソングライター」特集

この「シンガーソングライター」とは、
あえてジャンルと言わせてもらうが
「読んで字の如く」ではなく、ある特定の
条件を満たしたアーティストに対して
呼ぶようになったもの。

それは私が今更、説明するようなこと
でもないが簡単に言うと1970年代の
初頭に「ピアノを弾くかアコギを持って
内省的な歌を歌っていた人たち。」
凄く乱暴な言い方だけどこれは
中古レコ屋でこの手のレコを探す時の
キーワードであった。

なので、不思議な事だが自分で曲を
作らない人も上記の条件に合っていえば
OKなのである。
その例は人のカヴァー曲で知られるように
なったリンダ・ロンシュタットやトム・ラッシュ
は代表だ。
(誰トム・ラッシュ?って言わないでね)

「読んで字の如く」なら例えば
ポール・アンカ、サム・クック、
のような50年代に登場したパイオニア
たちもシンガーソングライターと言える。
もちろん間違いではありません。

逆に分業システムが当たり前だった頃に
自分で書いて歌った人がGREATだった。
プレスリーでさえ、シンガーであっても
ソングライターではなかった。

自分で作って歌うスタイルはビートルズ以降
急速に増えていったもので、いつの時代も
同じだが、作家達の仕事を奪っていった
一長一短の経緯がある。

今回は先日からちょくちょく書いているように
ジェイムス&キャロル、シェリル&ジャクソンの
アメリカを代表するシンガーソングライター
が近々来日する事に合わせての特集である。

上記の2組の話題は巻頭に持って来ているが
特集の中心となるのは、シンガーソングライター
名鑑として20人を選び、更には100枚の
名盤を選出しているあたり。(順位はなし)

いつもやることだが、このような企画があった時は
いったい何枚、自分が持っているか数えてみること。
今回100枚中、73枚所有。(アナログ、CD問わず)
ぎりぎり合格点かな。

「さらなる15枚」として比較的マニアックな盤が
紹介されていたが、さすがにこれは2枚しか持って
いなかった。
アルゾとグレイグ・ナッティカムだけ。
しかもグレイグは未聴のまま、何処へ収めたか?

一般にはSSWという事だけでなく
ジェイムス・テイラー、ジャクソン・ブラウン、
ローラ・ニーロ、キャロル・キング、ジョニ・
ミッチェル、ニール・ヤングが大御所として
知られる所だが実際は60年代にスターに
なっている人は除いて、ジャクソンやジェイムスを
この「シンガーソングライター」(以下SSWと略す)
のパイオニアとして捉えたい。(私的に)
あと、イーグルスやリトル・フィートは
グループであっても仲間に入れたいな。

更に言えば、そんなに大ヒットを飛ばした人より、
人知れず埋もれてしまった静かなサウンドを
施したレコードが愛聴盤である事が多い。

このSSW、以前は比較的、安価な価格で売って
いたのだが、あまり好ましくない事なのだが
1990年代の中期に渋谷系や
クラブ世代に「グルーヴがどうだこうだ」とかで
もてはやされ「あれは、ん万円だ」なんて事に
なって、買えなくなり困ってしまった。

今はかなり落ち着いてきているので
買いやすくなってホッとしている。

たくさんSSWの好きなアルバムがあるが
個人的に印象に残っているのはやはり
リアルタイムで聴いた人のレコード。
それはスティーヴ・フォーバートの「ジャック
ラビット・スリム」。(彼の唯一のヒット作)

来日コンサートにも東京の中野サンプラまで出かけたが
今も記憶に残るいいコンサートだった。

彼は70年代終り頃ボブ・ディラン、ブルース・
スプリングスティーンの再来と言われ期待を
背負い大変だなと思ったが、今現在も地道に
活動をしていて、数年前にはグラミーでフォーク
アルバム賞を受賞した。

話をレココレに戻すと、今回のSSW特集と言うのを
先月号の予告で知って出版社に軽い気持ちでメールを
入れたが特に返事はなかった。

ジャクソンのレア盤の写真提供を申し出たのだが・・。
(大きなお世話だったとは思うが)

しかし出来上がったレココレを見てちょっと
納得している。
毎号特集に合わせてレアな盤をセンターのカラー
ページに掲載していて、そこに載せて
もらいたくてメールしたのだが、今月号は
そのカラーページが先の「名盤100枚」の
ページに当てられていたと言うわけ。

何の盤を載せて頂きたったかは、また機会を
みてこのブログで紹介する予定です。

そう言えば、ジャクソン、昨日、カリフォルニア
のラジオに出ていて、ネットでその模様が観れる。
40分位しゃべり倒している。
「日本に行くんだよ」なんて言ってて、
更に5月にニューCDをリリースするなんて言っているが
ホンマか~?










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://everock.blog84.fc2.com/tb.php/50-33f8dacb

 | ホーム |