FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

Mr.Moonlightの棚からひと掴み「暑気払いゴージャスヴォーカル」編

連夜連投の棚ツカですが
図らずもCD棚見てたらパパっと
山積みになっていたCDからチョイス。
100枚位の中からこれも
ダルマ落とし状態で10枚セレクト。

NY、LA、NOのゴージャスな
ヴォーカル物で揃えました。

「暑気払いゴージャスヴォーカル」編

1.Cherchez La Femme/Se Si Bon
Dr.Buzzards Original" Suvannah" Band

2.Knock Three Times/Tony Orlando &Dawn

3.Summer Love/Andy Williams

4.It's Impossible/Perry Como

5.The Girl From Ipanema/
Francis Albert Sinatra&Antonio carlos Jobim

6.Turn The Radio Up/Barry Manilow

7.Somewhere Out There/
Linda Ronstadt&James Ingram

8.What Kind Of Fool Am I/Sammy Davis JR.

9.Can't Take My Eyes Off You/
John Lloyd Young from Jersey Boys S.T

10.Southern Nights/Allen Toussaint

アメリカンポップミュージックの中でも
上記のような歴史に残る大御所さん
のCDやレコードを買ったり聴いたりすることは
いわゆる洋楽ファン=ロックファンと
言われるような私らの世代にとって
友達無し状態で過ごすことを余儀なくされた
ものである。

中学の時にKISSのレコード買わずに
B.Jトーマス買うやつを相手にしてくれる輩
などいるはずもなく一人寂しく
聴いていたものである。
(実際は楽しんでいたけど)
なもんで今となってはゴージャスな大人な
ヴォーカル物をこうして聴いてみると
その良さに感動してしまった。

ちなみに今回の10曲の中に
大御所とは言い難い(失礼)人もいますが
NYでショーを観ているような雰囲気を
想像してセレクトしたものであります。

これらも残暑の厳しい夜を過ごす
一助となればいいなと思います。

スポンサーサイト

2017年08月23日 | 洋楽 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。