FC2ブログ
Everybodys Rockin
洋楽聴いて40年余。何気ない日々に一筋の光を!Keep on Rockin!
浜田省吾2枚のR&Bカバーアルバムのオリジナル曲を聴こうPt.2
2017年08月09日 (水) 20:08 | 編集
Moonlight Cats Radio Show の
ジャケットが昨日公開になり
あまりにゆる~くファニーな絵に
驚きました。

これで音の方も「肩の力抜いて
聴いてください」って感じかな。

では引き続きオリジナル曲について
つらつらと書いてみたいと思います。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

The Moonlight Cats Radio Show Vol. 2

ジインクラウド

1. The in Crowd(Instrumental)
ザ・ラムゼイ・ルイス・トリオ
全米POPチャート1965年5位
全米R&Bチャート1965年2位

Vol.2の始まりもソウルインストから。
Vol.1のヤングホルト・アンリミテッドの2人
が参加している時期のラムゼイ・ルイス
トリオがドビー・グレイの歌入ヒット後
インストでレコーディングしたもの。
(ドビーが先にチャートイン)
そのドビー方は1965年の初頭にPOPチャート
13位のヒット。(ドビーの顔は浜さんとANNを
やった「ぐっさん」にリツソク)
余談だがラムゼイ・ルイストリオから2人
抜けた後のドラマーがアースウインド&ファイヤー
を結成するモーリス・ホワイト。
いろいろ繋がってます。


マイガール

2. My Girl ザ・テンプテーションズ
全米POPチャート1965年1位
全米R&Bチャート1965年1位

モータウン全盛期を代表する
ヴォーカルグループ。
Vol.1に登場したスモーキー・ロビンソン
の作品。
マコーレー・カルキン主演の映画
タイトルになった事でこの曲も
90年代も元気にオンエアされた。
現在も現役のテンプス。
歴代ヴォーカリストの中でも代表的な
初期黄金時代を支えたエディ・
ケンドリックスとデヴィッド・ラフィン。
スイートなエディ、ビターなデヴィッド
2人の歌声が印象的。
リードヴォーカルはデヴィッド。
浜さんこちらも自然に影響うけてるなって思う。
今、マイガールCD聴いてきたが改めて
素晴らしい!の一言。

ストップインザネームオブラブ

ユーキャントハリーラブ

3. The Supremes Medley ザ・スプリームス
(1.Stop! In the Name of Love ~2. You can’t Hurry Love)
1.全米POPチャート1965年1位
 全米R&Bチャート1965年2位
2.全米POPチャート1966年1位
 全米R&Bチャート1966年1位

以前はザ・シュープリームスとカタカナ
表記されていたが最近はザ・スプリームス
となっている。(違和感あり)
POPチャート1位を12曲、TOP100には
45曲チャートインさせているモータウン
を代表する女性ヴォーカルトリオ。
ダイアナ・ロスがメインとなって以降は
彼女とバックヴォーカル2人という認識
なのはショービズの厳しい世界では
よくあること。
2.の方はフィル・コリンズが80年代に
リヴァイヴァルヒットさせた事で認知度
が高くなった。

クレイジーラブ

クレイジーラブ Hレディ

4. Crazy Love ヴァン・モリソン
ノンチャート
(70年代を代表する女性歌
手ヘレンレディーがカヴァー
して全米POPチャート1971年51位)

出ました、大御所ヴァン・モリソン。
プレスリリースはバン・モリソンと
なっていたが勘弁してください。
ジャクソン・ブラウンもLIVEでは
時々歌うけどいいんですよ
ヒット曲でないロック・クラシックス。
収録されているアルバム「ムーンダンス」
はヒット曲こそないけど全曲特にA面は
全てロッククラシックスと言っていい。
数ある(来月も新譜リリース)
ヴァンのアルバムの中でも聴きやすく
入門としても人気盤である。
ミュージシャンズミュージシャンと言われ
私の好きなアーティストはほぼみんな
ヴァンのファン。
あの映画監督マーティン・スコセッシ氏が
「ラストワルツ」を依頼された時、
「ヴァンが出るなら引き受ける」と言った
エピソードは有名。

ジスボーイ

5. This Boy ザ・ビートルズ
シングルカット無し
Four By The Beatlesの中の1曲として
全米POPチャート1964年92位

ヒット曲でないロック・クラシックスと
言えばザ・ビートルズの曲でシングルカット
されていない曲全部と言ってもいいよね。
This Boyは国内では「抱きしめたいのB面曲
として有名。
タイトル「こいつ」(国内タイトルは
ヴァイオリニスト高嶋さんの父が
東芝時代ザ・ビートルズ担当した)
この曲はアメリカでは4曲入のEPに
収録されていたがなぜかシングルチャート
92位という記録が残っている。
浜さんも達郎さんも大好きなドゥワップスタイル
日本人はドゥワップスタイル好きだよね。
サビのジョンの雄たけびは身震いしちゃうよね。

エイントノーマウンテンハイイナフ

エイントノーマウンテンハイイナフ Dロス

6. Ain’t No Mountain High Enough 
マーヴィンゲイ&タミー・テレル
全米POPチャート1967年19位
全米R&Bチャート1967年3位
ダイアナ・ロスがソロファーストLPで
カヴァーしてこちらは
全米POPチャート1970年1位
全米R&Bチャート1970年1位

先のマイガールやユーヴリアリー
のような甘い味付けのPOPな
曲から時代の波は大きく揺れて
JAZZやR&Bの世界も音世界が
変わっていった60年代後半の後半。
ブラックミュージックの呼び名が
リズム&ブルースからソウルへ変わる
のは69年からだが既にそう呼んでも
いいようなマーヴィンとタミーの歌。
そして遂にソロとなったダイアナロスが
放ったNo.1ヒットがこの曲のカヴァー
だった。70年なのでPOPとソウルチャート
で1位獲得。
現在でも一般的にはダイアナのヒット曲と
して知られる。
キャリア通してゴージャスなイメージの
彼女も最初のソロのジャケットは
イメージが全く違う。

以上で独り言は終了
ここまでお付き合いくださった方には
感謝感謝です。
冷たいアイスレモンティーでもお出し
したいくらいです。

最初はお気楽に書いているつもりだった。
しかし書いていくうちに曲も聴いたりして
いろいろ気がつく所が出てきたりした。
ちょうどここ最近はCD棚の整理をやっている
のでここに出てくる曲が今どこにあるか
判るのでそのような事になったのかも。

いずれにしても浜さんが新曲の新譜に
こだわらず創作意欲が湧き出て
たくさん曲をリリースしてくれるのは
嬉しい限り。

9月のリリースまでにオリジナルを
お聴きになることを願うばかりです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.