最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

業態変革って何?

いきなり、日頃のシングル盤が「どーだこーだ」と
言っているのに業態変革とは何事か?

先日、そのようなセミナーに参加したのであるが
3時間の実践を交えた内容は(商魂でなく)
性根つき果ててしまった。

簡単に言うと屋号そのままで、例えばスーパーマーケット
の袋を作る業者が最近の「エコバック」の普及により、
売上が激減したので「讃岐うどん屋」を始めたら
どうか?というようなことである。

これは極端な例であるが、実際は現行の関連事業は
全て取り扱えるように業態変革をすると言うこと。
言うは安しである。

この話を長々引っ張るつもりはない。
要するに今の仕事を続けている理由をも一度
考えてみるには良い機会かと思う。

以下、若輩者の戯言とお許し願えれば幸いです。

一般的に現状は「このままではいけない」「何か新しい事を」
と言うようなあせりから、「消費の7割はネットなので・・
ネットを使って何かを」とか「人を減らして効率化を計る」
など、どこでも出てきそうな、猫が聞いてもあくびをするような
話ばかりである。
(少なくとも私のまわりでは)

私は今の仕事を続けて24年位になるが、決して勤務体制も収入も
二重丸とはいかない。

何度も挫折しかけたが、今も続けている理由が1つだけ明確にある。

好きな事に近い分野で、一応生活がなんとか成り立つからである。

この煮え切らなさが今の日本の社会を作っているように思う。
(もちろん頭脳明晰のエリートの方々からすれば「お前が無能なだけだ」と
言われるだろうけど)

何をしたいか特にない人とか、選択の余地がない人ほど、
うまくいっている人が多いような気がする。
それと好きな事を職業にしている人もそのように思う。
と言うより、幸せそうである。

先日、大瀧詠一氏が「今は選択肢が多すぎてうまく行かない」
様なことを言われていた。
昔は丁稚奉公や戦争、世襲などで今ほど自由に道を選べなかった。

音楽の場合、ミュージシャンになった理由はいろいろあるが、
最近の人のように「もてたいから」とか「印税生活がしたいから」
なんて理由が多いようだが、いま50代位のミュージシャン
は「学校は閉鎖されていて通う事も卒業も出来ず、好きな音楽をやるしか
なかった。」人が多い。

あと、メディアの力と言う点においても音楽が一番強力だった。
今は何だろう?USBか?あっそ~言うことではないか?
失礼しました。(でも半分本気)

そのような選択肢のない状況で生み出された必然のものは
今も強力なパワーを持ち続けている。

今はゲームやネットがそのようなパワーを持ち、逆に音楽や政治や
アイドル歌手はかつてのパワーには遠く及ばないのは仕方ないと思う。

私の親戚の叔父はもう、年金暮らしだが、仕事がしたいと言ってる。
今の若い人が仕事をしたがらない理由がわからないらしい。
私的にはしたい方の気持ちと、したくない方の気持ちの両方理解出来る。
家でビートルズのモノBOXを聴いてりゃ良いじゃないと思うが、これが
戦中の過酷な時代を乗りこえて来た人たちのパワーだろうか?

その叔父に、私が高校生の時にクラブ活動しながら、
学校帰りにアルバイトを始めたら
かなり批判的な事を言われた。
その叔父が言った言葉を今は良く理解出来る。

叔父「なんでアルバイトなんかする?」
私「小遣いほしいし、放課後クラブよりアルバイトした方が有意義だし」
叔父「今は無駄に思えるかもしれんが、大人になればそんな自由な
時間はない。無駄な時間も必要だ。」

その時は納得出来なかった。そりゃ毎月25日働けば7万円位自由に
なるのだからがんばれるよな。
間違いなくあの時が一番自由になるお金を持っていた。

あのバイト料でレコードをたくさん買えたのも確かだし。
まあ、それも1年位続けて進学講習でやめるのだけど。
何が良かったって大衆食堂だったので毎日飯をタダで思いっきり
食べれた事。

洗面器に豚汁入れてダックスホンダの荷台にくくりつけて
持って帰り、朝食にしてたのを思い出した。

あの豚汁、醤油色の美味しい味だったなぁ。

しかし、あのような学生相手の大衆食堂は今は減ってしまった。
ご飯でバカ盛りと言うのがあって、それは丼に盛れるだけ
盛ると言うもので、いくら盛っても「まだまだ」と言われた。
ありゃすごかった。





















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://everock.blog84.fc2.com/tb.php/48-78990c60

 | ホーム |