最新記事


最新コメント


プロフィール

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

山下達郎シアター・ライヴ観てきました。

tats theatre01

tats theatre02

映画館に公開前に置かれる宣伝用フライヤー。
残念ながら公開日以降には置かれていないので
事前のチェックが必要だ。

先日限定1万枚のPC型前売りチケ
を買った事を書いたが8/25
から遂に公開になった達郎さん
シアターライブ。

のっけから好調なすべり出しで
本来なら昨日まで1週間の限定上映
だったのが今日明日すなわち土日
延長のニュースが入っていた。
全会場ではないが「先週の土日」
行けなかった方にはまだチャンス
が残っているというわけである。

更に全体的に動員が良くて
東京では追加上映も決定している。

元々シュガー・ベイブは東京
ローカルではデヴュー当時から
LIVEハウスでも大入りだったと
ロフトの創設者が今月のレココレ
で語っている。

私も前売り券を買っていたので
なんとか都合付けなきゃと思って
参加してきた。

ここ広島会場はバルト11という
イオンモール内のシネコンであり
今回のシアターライブは日に2回の
上映スケジュールなので時間調整が
結構タイトである。
「るろうに剣心」などの大集客物
と重なっていたのでロビーはたくさん
の人がごった返していた。

尺は92分で、最初はコンサートの
3時間くらいあるのかと期待したが
考えてみると身動きせず音楽を観聴き
するのはこれくらいがちょうどいいのかも
知れない。

達郎さん曰く
「いくらCDにたくさん入ると言っても
人が集中して聴くのには45分くらいが
いい」と以前ラジオで言っておられた。

それは私らのようなレコード好きにとっては
納得のいく話でLPレコード片面20分*2で
過ごしてきた世代ならではの見解である。

さて、映像で山下達郎を観るという事は
一般的には初の試みなのでいかなる化学反応
が起こるか自分自身楽しみであった。
(2003年FCのLIVEでLIVE映像があったが
その時は本人登場のLIVEのオープニング
だったので状況は大きく異る)

結果

「もうムズムズしていてもたっても
いられなくなった」

要するにじっと座って観ていられないのだ。

私は皆さんがよく言う「はじける」なんて事は
ないけど「立って小さく口ずさみながら」観るのが
好きなのでじっと座ってはきつかった。

それだけ映像にも関わらずコンサートと
同じだけのヴァイブレーションが内側から
こみ上げてきたのだ。

拍手もしたかったがそうはいかない。

印象に残ったシーンは
大阪フェスでのまりやさん参加の所と
今だに行かなかった事を悔やむ
「シングスシュガー・ベイブ」の映像、
ラストの野外フェスの映像。
いや~野外で観てみたいもんだねー。
(明日あるよね~いいな~)

こうして1984年から2012年
までのツアー映像を観て思ったのは
これらのツアーに参加出来た事が
とても貴重な楽しい体験であったと
いう事である。

就職したばかりで多忙を極めた頃、
「コンサートの途中から入って途中で出た」
「ポケット・ミュージック」のツアーは
残念な思い出だが今となっては懐かしい。

私の達郎さんのコンサート参加は81年の
「For You」のツアーからだが
今も鮮明にあの時のコンサートが瞼に
焼き付いている。

「初めて広島がソールドアウトになりました」
ってとても喜んでいた逹瑯さんの
楽しそうな振る舞いがとても印象的だった。
あの時も「リメンバーシュガー・ベイブ」って
「ダウンタウン」を歌ってくれた。

シアターライヴは待望の「JOY2」
のプロローグとして受け止めたい。
って勝手に思ってるんですけど。

今回、観た人は感じただろうけど
「こんなに映像が残っているの?」って事。
以前からずっと撮っているそうである。
今後はLIVE DVDのリリースも視野に入れて
もらいたいなぁ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://everock.blog84.fc2.com/tb.php/284-2210cfed

OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜(初回限定盤) |山下達郎

OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜(初回限定盤)山下達...
2012-09-02 17:35 | 甘村商会

 | ホーム |