最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ペニー・ニコルズ、「ジャクソン・ブラウンの初期曲を歌う」CD到着。

ジャクソン・ブラウンの古くからの友人で
シンガーソングライターのペニー・ニコルズ
がジャクソンの初期の曲を歌ったCDを
リリースした。

多分、ジャクソンファンなら興味があると
思うので取り上げようと思う。

ペニー自身のサイトからオーダーして
1週間くらいで昨日届いた。
価格は$15に送料が$5くらいなので
約$20で入手(1$=80円)
クレジット決済なのでワンクリックでOK。

ペニーがどういう経歴かという事は
細かくはここでは省かせていただく。
今はググればいくらでも出てくるので
そちらを見てください。

少し書くと活動はジャクソンと同じ位の長い
キャリアでデヴューもジャクソンより早く
ブッダからサイケフォーク&ロック調の
アルバムを1枚リリースしている。

私はシングルを1枚持っているがザ・バーズの
「エイト・マイルズ・ハイ」のようであったり
アコギ1本のアシッド・フォークであったりで
コアなレイト60'sフォーク・ロックファンには
好んで聴けるものと思う。
(アルバムは聴いてないので偉そうなことは
言えない。現在CD化されている。)

私はジャクソンの曲のカヴァーレコードを
ここ10数年間収集してきた。
自分の密かな楽しみでもあったが大分
揃ってきた。
知られているものほぼ入手出来ているが
知られていない物もあるので完璧とは
言えない。

そんな中の1枚に今回のペニーのCDも仲間入り
というわけである。

しかもいっぺんに12曲もカヴァーしているので
とても興味深い。

まずジャケから

pen cd f
"Color of the Sun" Penny Nicols Sings
the early songs of Jackson Browne(PSP005)

おお、右の表ジャケの写真はいつ頃のものなのか?
向かって左が裏ジャケです。
左が現在の写真です、お隣はもちろんジャクソン君。
ジャクソンは年を取ったといっても顔はそんなに
変わっていない。
でもペニーさんは流石に貫禄充分だなあ・・・。

今度は中面の写真。

pen cd in
(クリックして拡大してください)

左の中央の写真が若きペニーさん。

右のCDトレーがスケルトンになっていて
5枚の貴重な写真がレイアウトされている。
思わず身を乗り出して食い入る様に
見てしまった。

左上から順番に紹介。
左上カラー写真で10数人が写っているもの。
もちろん可愛kらしい笑みでカメラ目線の
ジャクソン、隣がスティーヴ・ヌーナン。
(この写真はコアなファンなら観たことあるだろうが
私はカラーで観るのは初めて)

その右のモノクロ調写真はメンバーが4人
写っている貴重なショットのザ・ジェントル・
ソウル。
(パメラ&リック以外にも一時期メンバーが2人いた。
デヴュー前のジャクソンも少しだけいた事がある)

下段の左写真がニッティーグリッティー
ダートバンドに参加したデヴュー前のジャクソンが
一番後ろにいるもの。

その隣の写真はバービーブラウン。
2つ上のジャクソンのお姉さん。

そしてラストが一番右、若きペニー・ニコルズ。
(「セントラルパークにて」とある)

CDタイトルにあるようにジャクソンの初期の曲に
スポットをあてたカヴァー集である。

pen cd list
裏ジャケ、曲目と参加クレジット部分。

なんと12曲中9曲が幻のニーナデモか
クライテリオン・デモに収録されていた曲である。
"For a Dancer"と"Fountain Of Sorrow"が
比較的POPな作風で残りの10曲はアシッド・
フォーク系の作風のものだ。
とくに"The Top"は公式にはジャクソンの歌
ではリリースされておらずクライテリオン・
デモというマテリアルに収録されていたもの。
(ブートでは入手可能)

サイケ風アシッド風、これは当時のペニー
の作風と重なる部分でありシンパシーが
とても強いのだろう。
ジェントルソウルのパメラ・ポランドも
同様である。
ヒッピー時代のフォーク・ロック的作風は
共通要素である。

参加しているミュージシャンも同窓会的な
メンバーで先述のスティーヴ・ヌーナンや
パメラ・ポランドはもちろんグレッグ・
コープランド、ネッド・ドヒニー、
鬼籍に入ったケニー・エドワーズも。
ジャクソンの一つ違いの弟セヴァリン・
ブラウン。
そして"Song For Adam"にはジャクソン本人
がデュエットVoで参加している。

ペニーのヴォーカルはふくよかでとても美しい。

そして何より聴いていて感じるのは
いつの時もジャクソンの曲の素晴らしさである。

歌い方もいろんな人のカヴァーを聴いていると
ジャクソンがどれだけ個性的であるかが
改めて思い知らされるのである、皮肉な事に。

以前、作曲家の大御所バリー・マンに
萩原健太氏がインタヴューした時に言った
言葉を思い出す。
(以下意訳)

健太氏「創った曲を誰に歌ってもらいたいですか?」

バリー・マン「ジャクソン・ブラウンだよ、
彼の声は素晴らしい。しかし残念な事に彼は
自分で創った歌しかレコーディングしないんだよ」

これをラジオで聞いた時に私はバリー・マン収集も
しているのでとても嬉しかった事を憶えている。

ペニー・ニコルズのCDは彼女のサイトでご確認
ください。


















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://everock.blog84.fc2.com/tb.php/274-c34a1fb5

まとめtyaiました【ペニー・ニコルズ、「ジャクソン・ブラウンの初期曲を歌う」CD到着。】

ジャクソン・ブラウンの古くからの友人でシンガーソングライターのペニー・ニコルズがジャクソンの初期の曲を歌ったCDをリリースした。多分、ジャクソンファンなら興味があると思う
2012-06-24 14:10 | まとめwoネタ速neo

 | ホーム |