最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

2012年あけおめ、三が日その3。

お正月3日目も早起きして
今年も昨年同様、防府天満宮へ
出掛けた。

昨年の物を返しに行くためである。

そして、更に言えばいつも書いてるように
この2号線の旅はまさに「浜田省吾ロード」

1月1日に書いた公園に始まって、
浜さんの実家だった銀行の寮、
バイパスのドライブイン、宮島、
大竹から岩国、
徳山の工場地帯、岩国の錦帯橋など
浜さんのコアな
ファンなら「うんうん」と思わず頷く
キーワードの満載である。

今、広島は明日から始まる大河ドラマ
「平清盛」でその足跡の番組がたくさん
放映されているが、
その人の縁の地に思いを馳せるのは
同じような気持ちである。

その中でも、私が好きなのは大竹の工業地帯。

昨年も同じようなショットだったが
一応1月3日ということで今年も1枚。

ootake1.jpg
晴天ではなかったがこの煙った感じもなかなか渋い。
Dadd'ys Townの歌詞「工場のサイレンが月曜の朝引き裂く」や
「Good Bye Little Daddy's Town 溶けたタール、パルプのにおいの」
はこのような情景であると思われる。


ootake2.jpg
浜さんの未発売の曲の歌詞
昨年も同じような事を書いたが
「あおぞらに~ひとすじの~けむりがのぼる~
こおばのひるやすみ」
はこの大竹の工業地帯だろうか?
この歌詞は後の「あいいろの手紙」になる
「昼休み」という曲の歌詞。
70年代後半のLIVEで歌われていた。
町支さんと2人で演奏されたヴァーションは
初期音源でしか
聴けないのは残念。

2号線は混雑もなく岩国に入ると
モスバーガーの色が違っていた。

あおもす
広島市内ではこの色は見たこと無いです。
ちょっと不思議な感じ。

防府天満宮には昼ごろ到着して
用事を済ませ、広島にトンボ帰り。

高速ではないので意外と昼飯処がなく、
なんと7/11でカップ麺と
のり弁を買って車中で食す。
日頃でも絶対やらない車中飯を
なぜかやってしまった。
空腹ならなんでもいいって感じですな。

昨年と違って今年は更に道路がすいて
いて夕方には市内に着いた。

車中ではi-Pod,Warkmanで浜さんの曲
やシャッフルでいろんな曲が何時間も
聴けるのがドライヴの
一番の楽しみだったりします。

1月5日から仕事が始まったが
あいさつ回りに出掛ける時にRCCラジオで朝
「今年1曲目は歳男、浜田省吾さん
、悲しみは雪のように」
と紹介され曲がかかりました。

では、「だらだら」の日記もこの辺りで、
お開きにして音楽のネタに戻ろうかと
思います。

今年の浜さんは仙台公演が残されているが、
それ以外にどのような活動があるのでしょうか?
会報も年末届いているのでそこら辺りも紹介
出来ればと思っている。


















スポンサーサイト

コメント

No title

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2号線ルート、うんうん、まさに「浜田ロード」!!
大竹のこの工場地帯、夜景もきれいなんですよね。。。。
若い頃、コンビナートの夜景を見に行ったのもいい思い出。
溶けたタール パルプのにおい
歌詞を聴くたびに あの情景とにおいが脳裏をよぎります
Daddy's Townの主人公の男の子たちが
まるで映画を見ているように思い描いてしまいますよね~

こんな些細な事も じもてぃー(これって死語?!)ならでは。
嬉しいですよね。

今年の浜田さんの活動に期待!
野外コンサートのうわさもちらほら。
貯金しておこうと誓った新年でした。


2012-01-07 14:17 たくみ #we1fpA6Q URL [ 編集 ]

Re: No title

たくみ さん

こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

昨年と同じ行動パターンで同じようなネタで
恐縮です。

私も学生の頃は徳山、下松、山口に友人が住んでいたので
よくこの辺りは行き来しました。
もちろんその頃は「浜さんの歌の情景がどうの」なんて
考えていたわけではないのですが、
おぼろげに意識はしていたように思います。
夜の山賊にもよく行きましたし、この3日の日も
店の前を通ったのですが・・。
人が多いのでパスでした。

たくみさん、書かれているようにこの辺りの情景は
浜さんの歌と我々のティーンエイジャーの日々と
アメリカンシネマのシーンがオーヴァーラップして
深層心理に訴えかけるものがあります。

まさに地元ならではの良さがありますね。

ありがとうございます。

またお越しください。


2012-01-07 20:12 moonlite #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://everock.blog84.fc2.com/tb.php/239-8398edb9

 | ホーム |