最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

浜田省吾ツアー2016 旅するソングライター旅の途上で。

9月から始まった浜さんの2016年、
秋のアリーナツアー。 
今回は遠征を予定してないので
事前情報は出来るだけ
見ないようにしている。昨日までは、
ツアーブログだけ読んでいた。
しかし、昨日の田家さんのリポートを
読んで驚いてしまいまだ先だと思って
待ち遠しくならないように冷静に
かまえていた気持ちに迷いが
生じている。

昨日の北海道公演2日目に機材トラブルが
生じて開演が約1時間遅れたとのこと。
しかもいけるぞとなったのが開演20分前。
リポートによるとオーディエンス用の
スピーカーから音が出ない
と言うことであったらしい。
ステージ上のモニタースピーカーは
鳴っていた のでそれをオーディエンスに
向けるなどの代替案があったと
書かれているのを読んで
驚愕してしまった。
近年はナカヌキというステージ上に
置かれたオーディエンス向けの
補助的なスピーカーがあるので
その事かも知れない。

そのリポートでは無事ショウを終えることが
出来たとのことなので一安心であったようだが
私も40年近くコンサートにいくよう
になってこんなトラブルは聞いたことがない。

私は学生時代PAをメインとする
サークルに所属していた。
正直、メンバー達が自作した
大きなスピーカーやアンプを
使いPAをしていたので今回、
浜さんの件のようなことは
けっこうありえたのである。
プレーヤーが好むいい音で
表へ音を出すことが使命なのだが
一方で断線や接触不良による
トラブルは避けて通れないのも
リアルな話である。
まあ、これも百歩譲れば無償で
行っていた学校のサークルなので
多少はごめんなさいで
済んでいたような気がする。

現在も近い業界にいる知人に
聞いてみたら、メインのPA卓の
エラーはどうしょうもないので
どれくらい2次的な対策をしているか
が救済の要になるとのこと。
でも現在はデジタル化ゆえの
トラブルと言うこともあるらしい。

私も最近のコンサートでPA卓の
後ろの席だったことがあるが
エンジニアは何もしてないように見える。
2人のエンジニアは終始パソコンの
前でじっとしているだけでトラブル
さえなければ緊迫した状況はない。

逆に一度エラーが起こると復旧は
人力ではかなり困難のようだ。

そんなわけで情報収集していたら
2CHのセトリが目に入ってしまい
オープニング曲が判ってしまった。
目をそむけたがその先が1曲目であった。

しょうがないのでその曲、ギターで練習
することにした。
(なんでか自分でも意味不明)

先述のように今回は12月まで冷静に
待っているつもりだったがなんか待ち
遠しくなってきた。








スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»