最新記事


最新コメント


プロフィール

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スピッツ3年振りのニューアルバム「醒めない」本日発売&聴いた。

醒めないチラシ
最新のフライヤー見っけ。
CDショップに置いてあるはずだが
タワーやHMVには置いてなかった。
本屋さんのCDコーナーにあった。

スピッツの「小さな生き物」以来約3年ぶりの
新作「醒めない」が本日リリースされた。

前作が彼らの最高作といっていい充実した
レコードだったので、今回ハードルは高いな
と私的には思っていて
(あくまでも個人的に私にとっては)
聴くまではドキドキだったが流石に30年の
キャリアを迎える不動のメンバー4人の
パワーはフルスロットルで全くの思い過ごしだった。

全14曲中4曲は前もって聴いていたので
(シングルやLIVEで)
それらの曲に関しての印象は変わらずむしろ前作に
近い感触だったがそれ以外の11曲がある意味
新境地とも思えるサウンドで8月末から始まる
ツアーがどのようになるのか興味深々である。

一回聴いただけの全体の印象は
スピッツ初期のバンド然とした演奏に近く
ビートバンドらしさや逆にAORぽい曲もあり
良質な80年代の洋楽を思い起こさせる。
アコギが少ないのも今回の特徴。
ストリングスはあえて入れないとは
草野氏が今回語っているがそれがバンド然と
したアレンジになっているのだろう。

私はとりあえずアナログ盤だけを購入した。
彼らのアナログは今までも超限定数での
プレスなのでこれだけは予約を入れておいた。
すでに入手困難で予約受注限定盤なので
当然店頭には置いてなく
今は一部のネット販売で定価より上でわずかに
売られているようだ。
(複数枚仕入れて転売しているものと思う)

ちなみにスピッツのアナログは初期のもの
を除いては万超えでしか入手出来ないので
全く困ったものである。




スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»