最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

浜田省吾 本日4月21日はソロデヴュー40周年。

路地裏1
1976年4月21日リリースのデヴューシングル。

路地裏2
ジャケットの歌詞面。
このようにシングルは2番までしか歌っていない。


浜さん本日はソロデヴュー記念日で更に1976年
から数えて40周年にあたる日である。
アルバム「生まれたところを遠く離れて」
シングル 「路地裏の少年」
同日リリースだったが当時、どちらもヒットチャート
には入らず決して
好調なスタートではなかった。

しかし、この40年の間、時代の荒波のなか
特に「路地裏の少年」は
年を重ねるごとにパワーを
増して全く古びる事なく日本の
フォークロックのスタンダード
として君臨している。

その理由のひとつが、浜さん本人による
リメイクによって楽曲が時代ごとに新しく
なって来たからではないかと思う。

最初のリリース以後、
82年のLiveヴァージョン、86年のJBoy
ヴァージョンが有名なのだが実際には
JBoyヴァージョンもアルバムと12インチシングル
があり、1999年REMIX盤もあり、
カルト的な「スーパースキャンダル」(映画)
ヴァージョンをいれると7ヴァージョンが
存在する。
更にLIVE映像用ヴァージョンも入れるとまだ
4つ増えることになる。

いずれにしてもやはり印象深いのは
デヴューシングルヴァージョンが一番
今聴いても凄まじいレコードである。
浜さんの声が若々しいだけでなくがむしゃらな
歌い方やハーモニカは初期ディランを彷彿とさせる。

1コーラス歌っていきなりハーモニカという構成も
なんともいえない。
これがアルバムからのシングルエディットではなく
エディットヴァージョンを新たに録音しているところが
今となっては貴重な録音となっている。

オリジナルシングルヴァージョンは配信やCDにも
なっているので聴く事は出来るが正直、リマスター
されているので出来ればオリジナルシングルを
中古で入手して聴いてもらいたい。
ガレージバンド然としたフォークロックサウンドに
ロケンロールスピリット感じます。

オリジナルアナログシングルをmp3に変換して
携帯用プレーヤーに入れて聴いているが
その音圧たるや他のCDの音を蹴飛ばす
ぶっといサウンドである。

と、書いていたら本日ニュースが入ってきた。
なんと、JBoyの30周年記念盤BOXが
9月リリース決定だそうだ。

しかも本日「路地裏の少年」
スペシャル映像公開!である。

SHOGO HAMADA "A Boy on the Backstreet"
40th Anniversary Live History Movie
http://youtu.be/TcOsIVOT-pA

BOXの詳細はまだ確認してないので後日。



スポンサーサイト

 | ホーム |