最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

浜田省吾2015「旅するソングライター」ツアー開始。

浜さんファンなら10年ぶりのアルバムの
サポートツアーが9月14日を皮切りに
開始された事はご存知のとおり。

書き出しから、なんですが今回特にネタが
あるわけでもないので悪しからずご容赦を。
ま、今思うことをだらだらと書いてみようかと。

ツアーが始まったのでここ数日、何か
書かなきゃと思っていたがまだコンサート
観てないし、今はセトリ見るのは
イヤだし、悶々と妄想だけ日々膨らませている。

コンサート当日夕方になると「あ、今始まったくらいかな?」
とか「ニューアルバム全曲やるんだろうから
今”早春の~”って歌ってんのか」などと
夕方になるとそわそわしてる日々であります。

コンサートを日々待ち望んでる浜さんファンなら
そういう人も多いのでは?

今日現在で4本終了しているわけだが会場の
キャパがおおよそ2000人前後なので約8000人位
のオーディエンスが今回のコンサートを観た事に
なる。(運よくチケとれてダブりの人もいるかもだが)

初日の翌日は音楽サイトでもニュースになり
2枚の最新ステージショットが公開された。
残念ながら私はスポーツ新聞はチェックもれで
見れていないがアルバムNO.1最年長
記録保持者のツアースタートは流石に話題性を
持っているんだなと思った。

NHKのSONGSもPV中心で特に目新しい演奏の
映像はなかったが、ラストの所でPVを編集して
リハーサル映像がインサートされていてちょっと
興奮してしまった。あれをフルで見たいぞ。

その影響かオリコンのアルバムチャートでは
「旅するソングライター」が再度圏外から急上昇中。
先週75位に再チャートインして昨日発売の
オリコンでも50位内で上昇中である。

そして、やっと先週のシルバーウィークにじっくりと
アナログ盤をコンポーネントで聴いた。

ずっしりと重い180gのディスクがターンテーブルの上で
回転するのを見ながらこの名盤を堪能しました。

このアナログ的な体験は何年経ってもスリリングな時
でCDプレイヤーに収まってどうなっているのか見えない
寂しさを解消してくれる。
回ってるのが見えるCDプレイヤーもあるけどあれは
回転が早すぎる。やはりレコードの回転速度が心地よい。

決して主流にはならないかも知れないが
海外盤ではアナログ盤買うとダウンロード出来る
NOカードが入っている事がとても増えている。
ダウンロード主流の音楽界となりつつあるなか
昨今のアナログ盤リリースは嬉しい限りである。

達郎さんやボブディランがやったように
全アルバムをリマスターでアナログリリース
というのを浜さんも考えてほしいと思うがどうだろう。

話がそれてしまったがそれもツアー参加がまだ先の
事なので実感がないのであります。

近々で参加される方、複数参加の方うらやましいなー。

浜さんの新しい楽譜を買って「旅するソングライター」
のギターコードでも見ながら夜な夜な鼻歌でも歌うかな。
















スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»