最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜田省吾会報No.183より「愛奴」のデモテープについてETCその2。

愛奴のデモテープについての話の続き。

前回は最新の会報と前からの資料を元に
UPDATEできる事を書いた。

今回は私的UPDATEを試みる事に
します。

最新の会報から浜さんの発言。

そのテープは残ってないのか?に対して

「NHKの倉庫に行ったら残っているかも」
と書いてあるのだが・・。

残念ながら結論から言うと99.9%ない。
と言うのが答えになるだろう。

なぜ、私がそんな事言えるのか?

まず、NHKの広島放送局は近年
4階建ての旧社屋から広島でもトップクラスの
背の高いビルに建て替わっている。
(以前、足跡でも紹介した)

でも、建物が変わってもアーカイヴは
NHKなのだからきちんとしているのでは
ないかと思いたい所。

前回その1には書いていない事がある。
そのNHKの番組名である。

憶えておられる方はいるだろうか?NHKの
FMで土曜の午後3時過ぎから6時まで
全国のNHKでローカルエリアで
「リクエストアワー」というのを80年代
後半位までやっていた事を。

愛奴のデモテープがオンエアされた
番組はこれの広島のローカル
(県内がエリア)である。

サークルが放送部だった関係で
実は私、学生時代3年間この番組の
スタッフをやっていた。
80年代の事なので当然愛奴の件は
73年なのでそこからでも10年前の
事になる。

私は前任者(10年位担当されていた)
に代わって担当するようになったのでそれ
以前の事は知らないが前任者とは今も音楽
ファン同士なので、果たして当時の愛奴や
浜さんの事を「知っているか、憶えているか」
そして私が80年代3年間通ったNHKで
この愛奴の事が判るような情報などあったか
などを書いてみたいと思う。

前任者にまず愛奴や浜さんがNHKのスタジオに
来たことを憶えているか聞いてみた。

「来たことは憶えているが、詳しい事は
憶えていない」らしい

ではスタジオはどのスタジオだったか?

これは私も番組をやっていたので
想像がつく。
旧社屋には公開スタジオが2つあり
1スタと2スタと言っていた。
2スタは2Fにあり番組は
毎週公開生放送だったのでここで
ラジオ番組を生で観聴きすることが出来た。
私も番組の1ファンとして中学生から高校生
の頃よくこの2スタに観に行っていた。

1スタは1Fにあり主にTV用の
スタジオだった。
時にはラジオでも1スタを使うことも
あったがこれは年に数回の特番時だけ
であった。

他にもスタジオはあったがそれはアナウンス用
のブースであり楽器セッティングが容易で
バンド演奏出来るのは2スタだった。

前任者との話で「2スタ」だったのでは
ないかと2人で納得した。

浜さんの「NHKの倉庫・・・」については
私の見解と前任者の見解では
「ありえな~い」で落ち着いた。

それはそもそも少なくともあの番組
の保存素材なんて1つも無いのだから。

生放送で出ちゃえばそれで終了
後腐れもない。
番組オンエア分は録音もしていない。

前任者がいる時に
愛奴のテープがオンエアされたのなら
コピーを持っていそうなのでこの度
確認してみたら「憶えていないし所有
していないとの事」だった。
彼は特に今でも浜さんファンではないので
持ったいぶる必要はない念のため。

当時少なくともオープンリールであっても
番組用の元音源とスタジオでコピーした
愛奴お持ち帰り用の2本はあったはずである。
それ以上コピーがあったかどうかは
判らない。

浜さんが言っているように
オープンリールなので当時自分用のコピーは
持ってなさそうではある。

私の場合で言えば3年間番組を
担当して1本もキューシートも番組の
音源も持っていない。
(伊藤銀次やスタレビ、エコーズの
番組用LIVE音源やデヴュー前の結成時の
ユニコーンのLIVEやデモなど貴重な音源も
録ったのだが仕方がない、
当時は要らないと思って残していない)

私が担当する以前浜さんはこの番組に
何度かゲストで来たことがありその都度
生で歌っていたそうである。
しかし私が担当するようになった頃は
大スターになっていたので、番組に来る
なんてありえなかった。
これとて当時からすれば数年前のこと
なのに浜さんゲストの録音テープは
誰も持っていなかった。

なので、声を大にして言いたい。
番組のオンエアをテープで持っている
人が一番貴重な音源を持っている人である。
上記のアーティストの音源は全て
番組でオンエアしたものである。

しかも広島ローカルだけでのもの。

よく、アーティストや作家が自身の
作品を所有してないのと似ている。
(そんな偉そうなものじゃないけど
なんとなくわかる)

結論的には下記のようになる

愛奴(5人)のデモテープ

録音/1973年 冬
場所/NHK広島放送局2スタ
曲数/5曲(3曲は判明)
番組/NHK FMリクエストアワー
オンエア/1曲

*音源の所在は?である。
(NHKのアーカイヴにはない。
そもそもそんなものはない)

あるとすればむしろソニーの
オーディションに関するアーカイヴだと
思うのだがどうなのだろう。

ちなみに85年5月にユニコーンも
全く同じように今度は1スタで
空スタジオでデモテープを
私のディレクションで録音した。
(これとて私はコピーを持っていない)

K氏はそれを持ってソニーのオーディションを
受けたのではないのかな。

だとしたら愛奴とユニコーンは全く
同じパターンを歩いたことになる。

不思議である。

さらに言えばスピッツが浜さんの事務所
ロースカと契約する前にユニコーンとの
契約の話があったらしいのでそれが実現して
いたらすごい偶然が重なるところだったのね。















スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。