最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の収穫11/「恋のホワン・ホワン」他

最近、入手したものをご紹介するシリーズ
を久しぶりに。

携帯用ミュージックプレイヤーで聴くために
日頃あまり聴かないアーチストを
買う事があるが今回はそんな人のCDから。

phil C hits
Phil Collions ...HITS

ここ2.3カ月なぜかフィルコリンズを
見つけては買っている。
きっかけはフーティーの時と同じで
H-FMの朝のミッキー氏の番組でオンエアされた
ことから。

考えてみればフィルはソロの1stから買って
聴いていたので好きなはず?なのだが
あまりに多くHITを連発して耳馴染みになり
すぎたので長年、遠ざかっていた。

しかし当たり前の話だが声が唯一無二で
今の時代これだけ個性的で色艶のある声の
人はいない。

最新作にモータウンのカヴァーアルバムが
あるがこれは名人芸の域。
私的にはやはり1stがいいと思う。
(英のみでヒットした" If Leaving Me Is Easy"
が特に好き。)



ジェネシスはフィルとマイクがソロで
大成功したので並行して2度おいしい
思いをしたし元メンバーのピーターGも
ソロアーチストとして地位を確立した
稀有なプログレ・バンドである。

今回のフィルのHITSを聴いてあらためて
曲の良さを再認識した次第。
一家に一枚と言っていいCD。

あまりHITしなくなった90年代以降の
作品も良いので聴いていきたいと思う。

Dave M best
Dave Mason "Long Lost Friend"

フィルの全盛期は80年代だが
次はさらに時代をさかのぼり今も
現役のデイヴ・メイスン。
近年来日公演がありレポート写真を雑誌で観た。
当時から怪しかったが
すっかりスキンヘッドになっていた。(失礼)

ウィンウッドと共にトラフィックをけん引していた
という印象からすればデイヴのソロは
フォークっぽかったりギターがトロピカルだったり
明らかに70年代を象徴するウエストコースト
の香りがぷんぷん。

私がはじめてAT40を聴いた時にヒットしていた
のが"We Just Disagree"であった。
今聴いても渋い曲だと思うがTOP10近くまで上がった
のでかなりのヒット曲である。

このベスト、かなりいい選曲でラスト3曲はLIVEで
ディランの「見張り塔からずっと」
(この日本語タイトルって?)
は誰がやってもやっぱりカッコいい。

dave A King of
Dave Alvin "King Of Carifornia"

次は名前のデイヴつながりでブラスターズの
デイヴ・アルヴィン。
80年代のロケンロールバンドでは彼らが
一番だという人もいるだろう。

レーベルメイトにはX(JAPANじゃないよ)や
ロス・ロボスがいる。

ブラスターズを抜けたデイヴはたくさん
ソロアルバムをリリースしているが
このアルバムは彼の代表曲(と言っても
ヒット曲はない)をアンプラグドで再演した
もの。
聴いた事ない方は是非とも"Fouth Of July"
"Every Night About This Time"
"Border Radio"は聴いて頂きたいものである。
ヒット曲が全てでは無いと学んだ80年代
のインディーロックの名曲の一つ。

nick L new best
Nick Lowe "The New Best Of"

お次はニック・ロウ。

果たしてどれくらい彼の事、認知されているだろう?

チャートとしては"Cruel To Be Kind"
の一発屋だが、私が思うにはザ・バンドくらい
の重要な人。(陳腐な言い方だが)

私的には「我ら世代のジョン&ポール」を1人
で担ったアーチストと思っている。

その"Cruel.."は彼にとっては「1週間金持ち
にさせてくれた」とコメントしたらしいが
それはさておき、大袈裟でもなんでもなく
私にとっては「一番好きなシングル曲」である。

(映画「ボディーガード」のサントラにはニックの
曲「ピース・ラヴ・アンド・アンダスタンディング」
のカヴァーが収録されており、これが今だに印税が
入るので助かるらしい。いい曲は書いておくもんだ)

このBestはタイトルにNEWとあるように、これまでも
何枚かのベスト盤は出ている。
今年も新作をリリースしているくらいなので
ベスト盤も更新していかなければならない。

2CDで49曲も収録されているので彼のヒストリー
を追う事が出来る。
(BCRの応援歌という闇歴史は入っていないが・・)

アルバムやCDは全て持っているのに今回買った
一番の目的はなんとLIVEのDVDがオマケで
付いているから。

彼のLIVEはコステロの来日の時に一緒に
来た時にオープニングでアンプラグドで
観たことがあるがあれは素晴らしかった。
(Jバートン入りのコステロも)

このNEW BESTはDVDがついてない通常盤があるので
注意してください。
(通販の時は必ず確認して)

ここでニック・ロウつながり。

先日タワーに行ったら「あらこんなものが」

ホワン・ホワン
三遊亭円丈 「恋のホワン・ホワン」

これは先のニック・ロウ"Cruel To Be Kind"の
日本語カヴァー。

今までもレココレや達郎さんの珍盤奇盤で
取り上げられている。

この盤のオリジナル盤は入手困難だが再発が
2度あって今回は300枚の限定だと
あるが広島のタワーに置いてあるので
まだ、入手できるかも。

こういうノベルティーものの解釈は
上手く出来ないのでこれ以上はコメントしないで
おきます。
(元広島カープの高橋慶彦がアラン・オディーの
「アンダーカヴァーエンジェル」を替え歌にして
シングル出したことがあるがこれも似たようなもの?)


ところで全然、話違うけどジョニー・デップが
新大久保の「ハイパーギターズ」で1000万の
中古ギターを買ったニュースが出てたが
どの機種を買ったのか知りたいね。

ジョニーはキースのファンなのでテレキャスかな?
ギター弾いている写真をみるとテレキャスなのだが
それは判らんよね。

私も昔、新大久保は東京に行ったら
よく行ったが中古ギター屋さんがそんなに
あるとは知らなんだ。
(ジャクソン・ブラウンも2010年に新大久保の
店にGIBSONのアコギを試奏しに行っていた)

昔は今ほどコリアタウンではなかったが
最近はよくマスコミにも出てきてなんか
凄いことになっていますな。








スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»