最新記事


最新コメント


プロフィール

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ザ・ビートルズ 来日45周年記念盤シングル到着!

fub4 45s
外袋、薄手のOPPに丸いステッカーが貼ってある。

先日取り上げたザ・ビートルズの来日45周年記念
シングル「ロック・アンド・ロール・ミュージック」
が届いた。

4500枚限定なのでひょっとしたら店頭に
並ばないのでは?と思い予約をしていたが
予想とは違い店頭には30枚くらいずら~と
並んでいた。
こういう事はよくある。
もちろんその逆も・・。

一応2枚予約していたので3000円払い
(シングル2枚で3000円!!)
帰って、気になるナンバーを見たらこのとおり。

fub4 45s 2
0714と4428の微妙な番号??
ちなみに拙愚blogがジャンルのランキングでNo.49というのが
最高記録、カンケーないね、失礼しました。

あわてて、本日も一回、店に行ってその30枚くらいの店頭在庫の
ナンバーを確認したらどれも似たような番号だった。
私が持っている700番台から4000番台まで
があったので「予約とり置き分」は頭とケツを選んだの
だろうか?これもどーでもいいか。

fub4 45s 3
肝心の中身、カラーレコードで歌詞カード1枚。
色は昔の赤いレコードとはちがいピンクに近い。

ところで公式で発表されているとおりにNo.1~4はほんまに
メンバーやファミリーに贈呈されたのだろうか?
贈呈の現場写真公開してくださらんかの~。

さて1966年6月29日はファブフォーが初めて日本の土を踏んだ日。
(実際はアスファルト踏んでも土踏むほど自由はなかったようだが)
その顛末はビートルズリポートに始まり、今日まで様々な媒体で
語られているわけだが、当時直接彼らに接した方たちの話は
確かに興味深い。
(レココレで連載中、まとめて単行本化希望。)

でも一番羨ましいのは元ミュージックライフ編集長の星加ルミ子氏だな。
このたびのシングルでも裏ジャケにコメントを寄せられている。
来日前も来日中も来日後もずーっと彼らと接して来られた
私の価値観では日本一幸運な人と言っても過言ではない。

私は当時3歳半なわけで全く関係のない事でそんな騒ぎなんて
知るはずもなく、まして10年後にやっとその名を意識するよう
になるという、とても奥手な音楽ファンである。

浜さんのように「海辺の田舎町10歳の頃~ビートルズ」
なんて、そんな早熟ではないのである。
そうそう、その田舎町と歌われた「江田島」は市内から本日とてもよく見えます。
最近は黄砂のせいかずっと曇ってたもんね。

残念なのは初ビートルズがあの悪名高き「ハリウッドボウルLIVE盤」
しかも「レットイットビー」も「イエスタディー」もろくに口ずさめない状態で
購入したので、曲もほとんど知らない頃。
新譜として買ったという意味ではギリ、リアルタイムなビートルズなのだが
いかんせん、ご存じのように音楽というより観客の歓声がメインのレコード。

しかし当時2500円のLP盤は中学生には大金であり、
買ったレコードの内容がよかろうがどうだろうが聴き倒すのが鉄則であった。

拷問のようによく聴いた。
そのおかげでしばらくビートルズからは距離をおいてしまい、皮肉な事だが
次にビートルズを聴くのはジョンの一件が起こった事がきっかけであった。

マニアではないがそれ以後は随時聴いているのでハリウッドボウルLIVEの
呪縛からは解放されたわけである。
実際、アビーロードなんかもっと早く聴いとけば良かったと思ったものだ。
そう、そのハリウッドボウルLIVEは今もって未CD化なんだよな。
そろそろ、最新技術でなんとか音質補正してリリースしてくれないかな。
というよりコンプリートな長尺盤にしてもらいたいものだ。

ビートルズなんてアンソロジーシリーズが成立した時点で
(あれだけマニアックな音源がリリースできるなら)
永久にネタが切れることなく新譜企画が組めるだろうと思う。

個人的には映画の「レット・イット・ビー」がちゃんとDVD化
される事が次の希望であるがどうだろう?



スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»