最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

浜田省吾2011年カレンダー到着!

sh c
届いて開封したカレンダー
2011年だが2010年12月からあるので
すぐ使えます。

今回初めて浜さんカレンダーを予約した。
先週届いたのだが、今朝、封筒を開封した。

表紙+全13枚の写真で構成されたかなり
COOLなカレンダーである。
壁掛けと卓上タイプがあり身近に手に取れるので
卓上タイプをオーダーしてみた。

被写体を引き立たせるのはやはり壁掛けの方だと
思う。
毎月違う写真を見るのはなかなか楽しい。

男なので写真みて「ほれぼれする~」なんて事は
ないわけだが今回初めて買ったのには理由がある。

それはタイトル"TWELVE-GUITER STORIES"とあるように
全てのショットがギターを持っている写真だからだ。
やはりロッカーは「ギター抱えて夜汽車にゆられ~」
ってちがうか?(今は新幹線や飛行機だよ)

よく、カレンダーってステージ写真を使っている事が
多いけど、浜さんは海外や国内でロケしたり今回のように
スタジオ(と言ってもこれもロケか)でカレンダーを
撮影してることが多い。
以前、私は持っていないがアメリカ南部に旅して
黒人ブルースの地をロケしたカレンダーがあったとのこと。
見てみたいのだが流石にカレンダーのバックナンバーは
ないよね。

sh c (2)
2010年12月から使えるようになっている。
持っているギターはフェンダー、テレキャスター黒
ごっついギターストラップ、スプリングスティーンぽい?

sh c (3)
これは2011年12月のショット。
実はこのギターがあるかどうかが一番気になっていた。
前に紹介したFC向けの映像で浜さんがドアップでキメていた
ギターがこれ。
そうです。ジャクソン・ブラウンからプレゼントされた
ナショナルギターである。
やはり12月に持ってきたか!実はカラーで観るのは初めてである。
ギターのうんちくはわからないのであるがジャクソンは
オーストラリアで3本買って、2本はリンドレーに、1本は浜さんに
あげたそうだ。
浜さんも自宅に置いてあって時々弾くと言っていた。
是非とも生のステージで拝見したいものである。
(なげ~キャプション)

今回、アコギは1本クラシックギターを座って持っているのみで
個人的には先の映像でGibson J-45らしきものを抱えていたので
それもフューチャーして頂きたかったなぁ。
アウトテイクで存在するのではないだろうか?

最新の映像が先週届いていたが日本家屋の縁側で
「今横浜にいます。ツアーの準備をしています。」
と言っていた。

選曲に悩むところでしょうがVol.3を中心にどれくらい多岐にわたって
選曲されるのか興味深々である。












スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»