最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

広島東洋カープ優勝おめでとう!

DSC_0187.jpg
今月9月1日のウエスタンリーグ阪神戦
でのバティスタ、ネクストバッターサークルにて

私はカープの1軍戦を35年くらい前に観て
以来野球からは遠ざかっていた。

でも黒田の凱旋をきっかけにTVで観戦
するようになった。

今年は1軍戦のチケットは全く取れないので
2軍戦に計3回通った。
それは年に2度マツダスタジアムで
行われるウエスタンリーグ公式戦である。

今年のカープの布陣は1軍と2軍の
境目が無いほど選手が行ったり来たりで
堂林、福井、大瀬良、ジョンソン
バティスタ、岩本、小窪、中田、磯村
など1軍でも目立った選手が2軍でも
観れるという贅沢なシーズンだった
ように思う。
(野球の事情は詳しくは判らないので
そこん所はどうなのかな?)

華々しいデヴューで全国的にも
有名になったバティスタがこの夏は
2軍に降りていた。
私が行った9月1日のマツダスタジアム
で行われたウエスタン阪神戦でも
それほどではなく1軍はまだ無理かなと
思っていたがその後調子を取り戻し
1軍に戻り今回の優勝ラウンドで大活躍。

そしてついに本日優勝への決勝打となった。
ヤフーニュースでも上位に入っている。

2週間前のウエスタンからすると
本日の結果はほんとに凄い。

本日、TVで映し出される街の喧騒が
凄すぎます。

まもなく広島ローカル局の今夜の
カープ特番が一斉に始まります。
ある局は夜通し特番が放送されます。
優勝セールも明日から至る所で
開催予定。





スポンサーサイト

本日オバマさん来広で広島市中心部は大変。

20160527.jpg
ケリーさん、オバマさんが観た原爆ドーム
本日夕方からはライトアップされていた。

最近は音楽的にもたくさんの話題があり
なかなか整理が付かず時間がたってしまった。

本日はオバマさん来広で市内は大変な
盛り上がりでした。
本日は平和公園敷地外でも
自転車で移動していると
「どこに行かれますか?」と
聞かれるくらいの厳戒体制。

午後からは市内中心部は規制がかかって
平和公園付近は沿道にいることしか
出来ず、先月のフラワーF状態で
オバマさんを待っていると、
おお、沿道に膳場貴子さんの姿が~。
あれどこかで見た方、って
すぐ先ではニュースZEROの新キャスター
小正裕佳子さんがインタヴューを行っていた。
ともに東大医学部、元NHKアナという共通
の経歴の方々。
身近に見れてこちらの方がリアリティがあったな。
だって全然オバマさん見れないんだもん。

でもよく実現したもんだね。
先月ケリーさんも来られて今月オバマさんですから。
ともに大統領選時には
ジャクソン・ブラウン、ブルース・スプリングスティーン
が公式に支援しただけに流石と思わず
ドヤ顔になりそう。    











新年あけましておめでとうございます。年始から和菓子三昧。

新年あけましておめでとうございます。

このblogを観て頂いている方には
厚く御礼を申し上げます。

今年も健康とご多幸をお祈りし
ナイスなリスニングライフで、
充実した1年でありますように。

というわけで、
私は御屠蘇三昧贅沢三昧というのでは
全くなく、お正月も日頃となんら変わらない
生活をしております。

そんな中で、今年はなぜかお茶請菓子が
そこそこに揃いまして朝からコーヒーと
お菓子で怠惰な生活になっております。

DCIM0201.jpg

まず、やまだ屋の桐葉菓(とうようか)は
世界遺産宮島にあるもみじ饅頭で有名なお菓子屋さん
の大ヒット商品。
いまや、やまだ屋と言えばこれ。
口当たりがお餅のような小豆餡がおいしい。
上にあるのは銘菓「高木」のもなかと
栗饅頭。
これも広島の老舗の贅沢な和菓子。
毎年お正月には食べるのが恒例に
なっています。
高木もたくさんの和菓子があります。

DCIM0202.jpg

こちらは東京みやげ。
元旦の朝に帰宅した家族に頼んでおいた、
東京銀座たまやの「ごまたまご」で
これは新食感です。
ホワイトチョコ、黒胡麻ペースト、黒胡麻餡、
カステラ生地の4重層。
これけっこうクセになりそう。


広島来られた方や東京行かれる方や
みやげ頼むときに
トライしてみてください。

年始はBOSSの「River BOX」三昧で
あります。
未発LIVEやリマスター盤、制作秘話など
とても興味深い内容です。

なにはともあれ、残りのお正月休みを
満喫してください。






広島県ガイドブック「カンパイ!広島県」先行配布。

金曜日に先行配布された
「カンパイ!広島県」を入手したので
ご紹介。

その流れを追って。
納品で自転車で本通りを通ると
昨日から報道されていた先行配布の
列が出来ていた。

DCIM0143.jpg
広島本通り「夢プラザ」で先行配布前の並びの列。
この日は広島ではここだけの配布で300部のみ。

配達途中だったので「いつから配布?」
と聞いたら「11時からですが早くなるかも」とのこと。
ここ広島本通りは朝10時までは納品等の車両
が行きかうので大変危険である、どうかなあと思う。

DCIM0144.jpg
配達が終わり帰り道に店前を通ると案の定、
整理券を配り始めた様子。

私はネクタイしているので報道陣が何社か
来ていたのでそれと混同されるのか
「整理券ください」といってもなかなか
こっちを見てくれなかった。
でもなんとか整理券をゲット。

DCIM0146.jpg
300番中43番と若いナンバー。

DCIM0156.jpg
お昼時間にもらいに行った。(13時過ぎると無効)
これが表紙、今年は奥田民生氏が巻頭を飾る。
と言っても昨年のパヒューム版は見た事がないので
比べようがない。
120Pフルカラーの大作である。

DCIM0157.jpg
表紙を開くと見覚えのあるお店の前で
2ショット。

DCIM0153.jpg
といきなり現場写真、民生氏は荒神町を観て回りたい
とリクエストしたそうだ。
本日、広島駅付近の駐車場に止めて歩き始めると
ここにを通過、広島の駅近くのフルーツショップ
のフレッシュジュースコーナー、ここが今回のロケ地。

DCIM0154.jpg
本日のジュースはイチゴ。
民生氏と一緒に写っているお店の方に
聞いたら「こんな大きな扱いになるとは
思わなかった。普通にジュースを飲みに
来られた」と思ったらしい。
「これから大変ですよ」と言ったら
「きょうも奥田さんのファンが来られた」
そうである。

そして、もうひとつはここ。

DCIM0158.jpg
ここもフルーツの店からすぐの老舗の
中古楽器ショップ、ひそかに来広する
ミュージシャンはよくここを覗くそうだ。
私もギターを直してもらったり楽器小物を
時々買いに行く。
お店の人は気のいいおじいちゃんで
なんでも気さくに話をしてくれる。
楽器やる人で知らない人はいない店。

DCIM0148.jpg
お店の前を少し遠巻きに撮ってみた
ガイドブックで民生氏が覗き込んでるのは
2つある入り口の右手側。

今回のガイドブックは私的にはディープな感じの
おなじみの店がたくさん載っていたので楽しめた。
県外の方にとっても、嬉しい情報じゃないだろうか。
いわゆる観光地化されていない店が多い。
それは県が企画しているので中心地のお店に
こだわらない幅広い地域からのセレクトだからだろう。
民生氏以外では友近がラーメン「陽気」
(これだって中心地じゃないので土地勘ない方は
タクシーになろうか)
鬼奴&黒沢さんが呉のスイーツ。
千鳥の2人が東広島の名酒蔵を回ったりしている。

16日から一般配布されるので早めのゲットを
されてみたらいかがだろう。



浜さんの「夏の終わり」を聴きながら。

本日、広島宇品の海岸で「夏の終わり」を
セヴンのカフェ飲みながら一服した。
(タバコじゃないよ)

2014083016380000.jpg

この8月の終わりになかなかの
シチュエーション。

遠く向こうには浜さんが少年時代を過ごした
江田島が見える。

このさわやかな夏の終わりの風と陽を浴びながら
「夏の終わりのかわいた風が~」と聴いてるのは
何とも心地いい。

ほんのわずかなひとときの貴重な夏の
日差しのありがたさを改めて感じる。

そう、ここ広島では今月2日目の晴天である。
あとはずっと曇天か雨。
そして局地的集中豪雨、雷雨。

ご存知のように今月20日に広島で起こった
土砂災害は甚大な被害をもたらした。
連日全国放送でも報道され私が知る限り
これほど広島の事がトップニュース
だったことはない。

在京のキャスターが被災地の地名、
特に町名を言うときの不思議な感じ。

私もよく訪れる場所近くで起こった災害なので
その衝撃は自分でも計り知れていない状況だ。

ブックオフやエディオン、ヤマダ電機、トイザラス
が建ち並ぶ場所、国道54号線を隔てた
ちょうど対面がいちばん被害が大きかった
場所にあたる。

昨日、災害があった場所へ行ってみた。
想像を超える初めて見る光景に言葉もない。
家は見た目に現状を保っているようでも
土砂で埋まっているところだらけである。

そこをスコップで掻き出している女性の姿があった。
我慢しようにも堪え切れず涙があふれてくる。

消防隊員、自衛隊員、ボランティアの方々の
御苦労、付近の商業施設などの善意、
夏休みを過ぎた学校を借りた避難所、
すべてがいつもと違う。

本日も避難解除か否かの葛藤があったようだが
延期されたようだ。

市内にいても雷がなったり、小雨でも降ると
心拍数が上がってくる。

出来るだけ安全な状態で平常な生活に
戻れるよう祈るばかりである。

今年の広島の「夏の終わり」はあまりにしんどい。

浜さんの歌が身にしみる。




 | ホーム |  次のページ»»