最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

めんどくさくないめんどー3.「マツダスタジアム」のうどん

carp.jpg
広島のうどんと言えば意外とこれかも。
(広島マツダスタジアム)

今回はのっけからネタばらし。

私30数年ぶりに野球観戦に。
昨今のカープの魅力には参ってます。

野球観戦でも1軍ではなくファームの試合が
6月にマツダスタジアムであったのでなんと
2日とも観戦してしまいました。

そこでのうどんの写真なのだが
2日で3杯も頂いてしまいました。

このオキアミの天ぷらこそが
広島のうどんなのではと前回
も書いたとおり。

しかもこのスタジアムの入場口には
町支さんのソウルフード?「むさし」
もあるのでとても困ってしまう。

マツダスタジアムのファーム試合は9月にも
あるのでうどんだけでも
(じゃなくファーム応援も)是非お試しあれ。
一躍スターのバティスタもついこの間まで
ファームだった。
次のヒーローを探すのも良いかも。
スポンサーサイト

めんどくさくないめんどー2.「ダディズタウン」のうどん

maruchu.jpg
うどんにそばをトッピングはここの裏メニュー
(広島県廿日市市)

浜さんが麺は西日本だと言っていたことが
あるがあれだけ全国ツアーを何度もやって
いる方が言うのならそうなのだろう。

その浜さんの曲で「ダディズタウン」
の歌詞にこんな場面がある。
「仲間と落ち合うバイパスのドライブイン
今夜シーサイドの奴らを叩き潰す」

これは浜さんが19歳の時の予備校時代
の心象風景であり工場地帯など歌詞に
あるように大竹から広島市内まで
毎日、山陽本線で通っていた頃の話。
(浜さん小さい頃廿日市にも住んでいたよね)

「仲間と落ち合うバイパスのドライブイン」
だがバイパスやドライブインという
言葉は今の時代からするとかなり
古いキーワード。
高速道路ではない、もちろん昨今の
にぎやかなサービスエリアや
道の駅でもない。
あの昭和な時代のトラック
ドライヴァー達の憩いの場所。

浜さん19歳は1971年頃なので
当然である。
これは広島の西広島バイパスであり
その途中、廿日市にあるドライブインの
ことであろうと思われる。
これは以前拙blogに来て頂いている方
からも教えて頂き納得した次第である。

更に「シーサイドの奴らを~」のところは
そのドライヴインからほどない所には
一直線の行き止まりの道路があり
そこでは自動車レースをやっていたと
聞いたことがある。
しかもその道路はまさにシーサイド
もう目の前には宮島が見える場所。l

時系列は確認出来ていないけども
当時の浜さんの日常的背景と上記の
歌詞と場所が一致するのである
広島は浜さんの歌詞の風景が身近に多く
あるので地元ファンの楽しみとして
どうかご寛容にとらえてください。

そこの店の名物は天ぷらうどんで写真に
あるように小さなエビ(おきあみ)をあげた
天ぷらが乗せてありこれが私にとっては
ソウルフード。
広島で天ぷらうどんと言えばこれ。
それに麺の大盛りって言ったらうどんで
なくそばを入れるというアイデアを
この店の人から教えてもらい、
はまってしまった。

浜さん歌詞の旅を敢行される際はぜひ
お立ちよりくださいませ。




めんどくさくないめんどー1.「公園横のらーめん」

DCIM0426.jpg
しょうゆ豚骨だけど和風のあっさりした感もあり。
(広島市西区)

もともと、小料理屋さんの裏メニュー
だったラーメンが元になっているらしい。
お店も70年代のサブカルチャーの
雰囲気が満載。
カープ選手やマッキーのサインがあります。
以前スピッツもここで食べたはず。
大盛りと替え玉あり、寿司関連も
あるのが特徴。

遂に私も食べ物Blogに手を染めようと決意。
(大げさ)
今瞬時に思いついたタイトルで勢いでもって
書いている。

広島のお好み焼き、ラーメン、うどんが
私の昼食のルーティン。


あまり冒険はしないのでそのうち
ネタ切れになりますのでお店だけでなく
ジャンク系もあるかも?

タイトル通り、あまりうんちくはなしで。

お店の時は店名非公開、でもヒントくらいは
記しておきます。

気まぐれにやりたいと思います。




 | ホーム |