最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

めんどくさくないめんどー16 「他人とじうどんでパワーUP」

ちから
酒場放浪記観てたら吉田さん「他人**」の
「他人って何?」て言ってた、
そういうところがいいよな~。
(広島市 中区)

ここへきて広島の麺業界の真打ち
登場である。自他ともに認める誰も
が知るそして市内在住で
食べたことがない人がいたらそれは
これから体験出来る羨ましい人。

ここのうどんを食べる時は少し甘め
の出汁なので普段は絶対しない
卵とじ物を注文する。
「えび天ぷらとじ」もおいしいがでも
やはり「他人とじ」を頼んでしまう。

広島の有名なチェーンであるが私は
昨日行ったのは本店である。
なぜか、それは拓郎氏や浜さんが
フォーク村時代に通っていた所だからだ。
(田家さんの拓郎本にもうどん食べる話がある)
拓郎氏は番組で中村雅俊氏とこの店で
ロケしている。(youtubeに映像あるはず)

浜さんは初期のFC会報
とBOOK IN BOOK(再掲載企画)
でこの店を全ジャンル全国5店の
一つに選んでいる。

というわけでタイトルも含め今回は
店名はバレバレということでよしなに。

スポンサーサイト

めんどくさくないめんどー15「コスパNo.1の駅近くのラーメン」

ひよこ
これで400円は罪、大盛りは裏メニューだが料金そのまま。
(広島市南区)

食べることは1日3回であるが
麺を食べるのは1回。
それでも多いと思うが私はいろんな店を
飛び込みで行くというほどのもの好きではない。

これまでここで紹介しているのはどの店も
20年以上通っている店がほとんど。
(もちろん例外もある)

今回の店は通うようになって20年位経つと
思うがこれまでここに行った人はすこぶる
評価が高い。

ラーメンは意外とあっさり
しているのでもたれない。
ごはんをプラスしても100円+だし漬物が3種
取り放題というのもうれしい。
コスパの勝利である。
味と量と価格がすべてにおいて納得の店。

めんどくさくないめんどー14「地元有名チェーン店のかけうどん」

さぬきや
これで「かけうどん」です、ちなみに麺2倍。
(広島市中区)

広島の地元うどんは大きく分けて3つの
チェーン店が存在する。

うれしい事にどのチェーン店も
出汁の味が全く違うしとてもおいしい。

今回のうどんは広島市中心に10数店舗
を構えるチェーン店の「かけうどん」
この店のメニューの一番最初にある
安価なうどん。
これだけの具材が入っていると
通常は「かやくうどん」とか
これはもう「きつねうどん」だと思う。

このチェーンの一番のヒットメニューは
スタミナうどんである。




めんどくさくないめんどー13「小料理屋さんの裏メニューから出来たラーメン」

きはちや
豚骨しょうゆであっさりとした味のラーメン。
(広島市中区)

以前1で紹介した店スピッツがblogで、
最近出たクージ―の本でも写真が
載っていたラーメンと同系列と思われる。

それは小料理屋さんの裏メニューだった
ラーメンが独立したもの。
この2店は味も似ている。(当然か)

前回12のケモノ臭の話からしたら
こちらは全くその気配はない。

ラーメン好きじゃなくても
おいしいと言ってくれそうなタイプ。

店にはカープの新井さんのサインがある。
最近ではアンガールズもきたようだ。
(ローカル番組の関係でほとんどの店に
来てるけど)

しかし、このコーナーやるようになって
さらにラーメンを食べる事が多くなった
ような気がする。

めんどくさくないめんどー12「においで惹きつけられる老舗の有名ラーメン」

DSC_0239.jpg
臭いで惹きつけられる老舗のラーメン
(広島市中区)

久しぶりにここのラーメンが食べたく
なったので自転車で行ってきた。

店を知らない人が外にいてケモノ臭が
漂ってきて思わず店に入ってしまう。
ラーメン好きにはたまらない店。

今年の7月に某有名浜さんちの
SAX奏者が来広した折ツイッターで
同じようなことが呟かれた。
この店の入り口写真付で
「においにつられて入った
〇〇のラーメンより好きかも」と(F・Tさん)

ところでとんねるずの番組で
「きたなしゅらん」という企画があるが
ここはまさにうってつけ。
店の中も映画のロケに使えそうな位
古いままの「文字が消えて見えない看板のような
お品書き」や据置き型のクーラーや
油まみれの内装。それに真っ黒いおでんの出汁。
店内の明るさも昼なのに写真のようにダーク。

店の古さやラーメンの味はそのままで
つくる人は世代交代していた。
逆に気合が入っていると言うべきか。

でも昔のラーメンはこんなにおいがしていた。
なのでラーメンは1人で行くかよほどラーメン
好きな人と行くものだった。
飲みの〆で食べていたので
さほどにおいが気にならなかったのかも。

年配者にはすこぶる評判がいい。
「やはりここがうまい」と。
(個人的にはその日のコンディション
によると思う)

しつこいけど、こんな臭いのするラーメン屋さん
いつのまにかこんなに少なくなっていたんだな。

 | ホーム |  次のページ»»