最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スピッツ30周年記念アリーナツアー広島公演2Days終了。


spitz 3050 pamphsmall
会場で配られたパンフレット。

DSC_0092.jpg
本日のサイン色紙。
3枚組CD購入者会場内限定特典

DSC_0098.jpg
グッズはピンズとラバーバンドのみ購入。
ちなみに会場では未使用。

7月22日と23日に広島グリーンアリーナで
スピッツの30周年記念ツアーLIVEが2日間
行われ無事終了した。

私はこれまで浜さん達郎さんの
2人しか国内アーティストのLIVEに
参加してなかったが2013年の
「小さな生き物」からスピッツLIVE
にも参加している。

今回スピッツにとってこの2日間は
初めての広島での
アリーナ公演でありさらに地方での
アリーナ公演としても初であった。

その初日と2日目両方に参加して
2日目は先程20時に終えて帰ってきて
一杯頂いていたところである。

LIVE2日間で計5時間、物販並び
1.5時間で延べ6.5時間の
立ちっぱなしで今は足が痛く心地良い
疲れが漂っている感じ。

LIVEのことグッズのこと会場の
雰囲気などで感じたこと非常に
密度の濃い48時間であった。

では会場の様子を

DSC_0076.jpg
会場前の入り口付近

DSC_0074.jpg
グッズ売り場、こちらも会場前
もう、落ち着いている。

DSC_0089.jpg
スピッツのアナログプレイヤーの受付
少し値がはるが後から欲しくても
入手は困難になるので悩ましい。

DSC_0087.jpg
こんな風に実演していた。

DSC_0096.jpg
FCの抽選会で「カランコロン」と大当たり時
に遭遇。崎山氏が作ったひょうたんランプ。
(会報88号で特集されたアート教室でのもの)
当たった人の周りは騒然となりいきなりたくさん
の人が集結して撮影会となった。

LIVEは2時間30分位でスピッツのホール
LIVEより30分位長め。

今回は30周年という事でセットリストは
シングル曲中心という感じである。
だが隠れた名曲もあったりで新曲の
ニューアルバムがないツアーなので
あまり縛りはないか。

3枚組CDがNo.1の最中行われた
地方初アリーナ広島公演は1日目の
ピリッとした緊張感と2日目の
リラックスした雰囲気が好対照だった
事も印象に残った。

草野氏のMCで昨年カープ観戦時に
「カープうどん」を食べたらしい。
広島のラーメンも好きだそうです。
(彼らが訪れたラーメン屋さんは
2箇所確認出来ています)

麺の話は拙blog「めんどくさくないめんどー」
にてありますのでよろしければ。(余談)

10月まで続くアリーナツアーまだ
序の口であろうけど頑張って完走して
ください。


スポンサーサイト

スピッツ30周年はすご~くにぎやか。

spitz best

先日お昼過ぎにうどん屋でかけそば
食べながらスポーツ新聞を見てたら
スピッツの記事が出ていてビックリ。

その足でコンビニで新聞買って帰った。
それが上にある記事。

スピッツが今年結成30周年という事で
何かやるとは思っていたけれど想像以上に
賑やかになってきた。

ざっと上げてみると
1.「醒めない」ツアーDVD発売
2.7月からの全国アリーナツアー
3.3枚組のBESTCDリリース
4.全アルバムのアナログ盤が
180g重量盤で再発
5.アナログ盤発売記念「ジャケT」19種類発売

これらを網羅するには相当なものがあるよね。

さらに「めざましテレビ」のオープニング曲
を新曲で提供。
そのお披露目の日には
番組内でスピッツの小特集もあった。

楽曲のCM使用あるが本日も
「空飛び」がリクルートのCMという
ニュースが発表されていた。
(カヴァーVer)

最近も「春の歌」や「渚」「スターゲイザー」
など古めの曲がCMに使われる事があり
楽曲の強さというか古くならないスピッツの
サウンドと草野氏の声は最強である。

さて私的には
アリーナツアーであるが初の地元開催で
今のところ1日は確保出来ている。

CDは3枚組だが単体でのリリースもあるようだ。
うち2枚は既発のBESTと内容は
同じだが3枚目には新曲が3曲収録なので
こちらを買うのが良いように思える。
しかし3枚組で3900円(サンキュー)プライス。
単体CD価格が2500円なので結局3枚組だな。

問題はアナログ盤である。
これはちょっと困った。
全作リニューアルなので欲しいけど
全部揃えるとOOOOOHHHHH!
となるくらいの価格。
でも既発のアナログの高騰を考えると
ありがたいリリースだよね。

持ってないのだけ購入だとなんか
プロダクト的にチグハグだなと思える。

とりあえず「さざなみLP」だけでも
予約しておくか。
そう今回のアナログは予約制なので
後で買おうと思っても買えないかも。







スピッツ30周年記念全国アリーナツアー決定。

blog本年最初の記事がこれ。

https://spitz-web.com/tour/30th/schedule/

ついに来たねスピッツのアリーナツアー
しかも初の全国アリーナコンサート。

私はこれ希望的観測ですが想定の範囲内
でした、先週も「全国アリーナツアーやらんかな」
と話していた。
拙blogでもよく言ってんだけどね。
これだけのバンドが未だにアリーナを
首都圏プラス位でしか行ってないなんて
あり得ないよね。

まさに「醒めない」の歌詞通り、ロック大陸の
物語をさらに育てるつもりと有言実行の
背はちっちゃくても(ごめん)音楽は巨大な
スピッツであった。

本日発表だったので詳細はこれからであるが
彼らのWEBSITEも併せて本日よりリニューアルされた。

今TVCMでは13年前リリースの「スターゲイザー」
が使用されてます。
今回はCMの内容にあっているんだね。

スピッツ2016.10.17 「醒めない」ツアー広島公演終了。

前日の雨もあがり、スピッツは広島2DAYSを
福山公演とに分けて終了した。
前日16日はHBGホールのスケジュールは
空きだったのであえて福山をいれたのだろう。
18年ぶり3回目だそう。

私は先行でなんとかチケットとれて
広島公演(HGBホール)に参加した。

2時間15分の圧巻ステージ。私としては
これまで5回目となるショーへの参加だが
草野氏の声の調子も良く新しいアルバム
からの曲の仕上がりも素晴らしく満足の
いくLIVEであった。

贅沢を言えば今回「醒めない」から
漏れた曲も全部聴きたかった。
(あの曲など5曲オミットされた)
やはり今回のアルバムは全曲通して
聴くことでパワーがより増してくる
効能があるように思う。

では搬入から
2016101709130000.jpg

計5台のツアトラで全国を走り続ける。
2016101709160000.jpg

2016101709140000.jpg

2016101709160001.jpg

「醒めない」CDを買うとメンバー直筆の
サインがもらえる。
2016101718370001.jpg

搬出の様子。
2016101721280001.jpg

広島ネタの多いMCも身近な
話題でとても楽しかった。
草野さん広島地元の人みたいな
内容でした。

中でもこの夏にプロ野球交流戦を
マツダスタジアムで 
観戦した話は会場から大きな
どよめきが起こった。

地元の金券ショップやローチケで
探しなんとか内野自由席がとれて
何時間か開門まで並んだらしい。

ソフトバンク戦で黒田投手の登板日
だったあの試合か。
私も同じ日の試合、30数年ぶりの
観戦を試みて行かなかったカード。
確かに内野自由だけ空いていた。
まさか、ニューアルバム出た後で
ツアー直前に福岡から
観戦に来るとはって私ちょっと予感
めいたものがあったような気がする。
ソフトバンクファンで黒田登板なら誰
でも観たいよね。

ところで今回のツアー
前に比べるとスケジュールが少なめ
なので漏れた県の補充が来年あるのかな?

それともアリーナとか可能性はどうだろう。
広島はアリーナやったことないので是非とも
お願いしたいところであります。

とりあえず余韻に浸っている
今日この頃ですが他県のセトリ見ると
数曲昔の曲は差し替えが
あるようなので観たいよね。

スピッツ3年振りのニューアルバム「醒めない」本日発売&聴いた。

醒めないチラシ
最新のフライヤー見っけ。
CDショップに置いてあるはずだが
タワーやHMVには置いてなかった。
本屋さんのCDコーナーにあった。

スピッツの「小さな生き物」以来約3年ぶりの
新作「醒めない」が本日リリースされた。

前作が彼らの最高作といっていい充実した
レコードだったので、今回ハードルは高いな
と私的には思っていて
(あくまでも個人的に私にとっては)
聴くまではドキドキだったが流石に30年の
キャリアを迎える不動のメンバー4人の
パワーはフルスロットルで全くの思い過ごしだった。

全14曲中4曲は前もって聴いていたので
(シングルやLIVEで)
それらの曲に関しての印象は変わらずむしろ前作に
近い感触だったがそれ以外の11曲がある意味
新境地とも思えるサウンドで8月末から始まる
ツアーがどのようになるのか興味深々である。

一回聴いただけの全体の印象は
スピッツ初期のバンド然とした演奏に近く
ビートバンドらしさや逆にAORぽい曲もあり
良質な80年代の洋楽を思い起こさせる。
アコギが少ないのも今回の特徴。
ストリングスはあえて入れないとは
草野氏が今回語っているがそれがバンド然と
したアレンジになっているのだろう。

私はとりあえずアナログ盤だけを購入した。
彼らのアナログは今までも超限定数での
プレスなのでこれだけは予約を入れておいた。
すでに入手困難で予約受注限定盤なので
当然店頭には置いてなく
今は一部のネット販売で定価より上でわずかに
売られているようだ。
(複数枚仕入れて転売しているものと思う)

ちなみにスピッツのアナログは初期のもの
を除いては万超えでしか入手出来ないので
全く困ったものである。





 | ホーム |  次のページ»»