最新記事


最新コメント


プロフィール

Mr.Moonlight

Author:Mr.Moonlight
同郷の浜田省吾、ジャクソン・ブラウン、スプリングスティーン、山下達郎を愛するアメリカン・ポップ・ロック・ファン。ラーメンとお好み焼がソウルフードの60年代生れの永遠のロック少年?です。


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

本日は6/9(ロックの日)NHK-FM ラジオマンジャックショーで特集。

毎年、ロックファンは6月9日
を楽しみにしてこの日を
楽しんでいるのでは。

本日の赤坂康彦氏がDJを務める
ラジオマンジャックショーはロック
にちなんだ曲で進行。

とても面白かった。

ロックとりわけオールディーズが
お好みと思しき赤坂氏なので
1曲目はロケンロールの代表
チャック・ベリーの曲から威勢よく
スタートした。

ロックンロールという言葉を
発音するには
ロケンローとか
ロケンロール(ルを小さく)
ラケンロールとか
発音するけど
その辺のギャグを交えたラジオ劇も
良かった。

この番組、音楽とDJとその日のテーマ
にまつわるラジオ劇を程よくブレンド
された内容で今時、とてもユニークな
構成となっている。

昔はAM放送でこんな感じの
番組たくさんあって正にラジオの
時代だった。

赤坂氏はアメリカの一番有名な
DJウルフマン・ジャックのような
スタイルで日本では唯一の後継者
のようである。

ウルフマン・ジャックは
スターウォーズ以前の
ジョージ・ルーカス監督の
映画「アメリカン・グラフィティ」
でもDJとして重要な役を
演じている。

ラジオマンジャックショー 
2018.6.9 オンエアリスト

01.Big Boys / Chuck Berry
02.Born Making Noise / Suzi Quatro
03.Get On / Michael Monroe
04.Gudbuy T'Jane / Britny Fox
05.Jumpin' Jack Flash / Krokus
06.Are You Gonna Go My Way /
Mystic Prophecy
07.I Feel The Earth Move / GLIM SPANKY
08.Tie Your Mother Down / Lemmy
09.Whole Lotta Love / Mary J Blige
10.Smoke On The Water / Rock Aid America
11.お化けのロック / 郷ひろみ・樹木希林
12.I'm Just a Singer (In a Rock and Roll Band) /
The Moody Blues
13.Runner (平成30年 Ver.) /
サンプラザ中野くん
14.Back In The Saddle (feat.Axl Rose) /
Sebastian Bach
15.We're An American Band / Poison
16.Why Don't You Love Me Anymore /
Radio Days
17.Put Your Money On Me / The Struts
18.It Ain't True / Billy Walton Band
19.20th Century Boy / Def Leppard
20.Money / Of Mice & Men

選曲はかなり渋いですね、
8人知らないアーティスト。
でも全体のノリで勝負する選曲は
いつもの赤坂氏らしいと思う。
スポンサーサイト

ビルボードチャートTOP5 1979年5月19日

昨今、市町村単位で
コミュニティーFMが
たくさん開局しているが
その中にもネット番組があり
私好みの昔のチャート曲を
かけるプログラムがある。

自前のレコ―ドを持ってきて
40年前位の国内の洋楽チャート
をメインで紹介していてちょうど
私ら世代が洋楽
聴き始めた頃の選曲である。

なのでこちらはアメリカのビルボード
チャートの今時期のTOP5を紹介
してみます。

ビルボードチャートTOP5 
1979年5月19日付

1.恋の仲直り ピーチズ&ハーブ

2.ホットスタッフ ドナ・サマー

3.インザネイヴィー ヴィレッジ・ピープル

4.メロウなふたり 
スージー・クワトロ&クリス・ノーマン

5.グッドナイト・トゥナイト 
ポールマッカートニー&ウイングス

1.は今やスローバラ―ドソングの
代表的な
曲と言っていい名曲

2.は最近でもCMで使用される
大ヒット曲。
ギターソロは元ドゥ―ビー・ブラザーズ
のジェフ・バクスター。

3.彼らとしては「マッチョマン」「Y.M.C.A」
に続くヒット。
こちらはピンクレディーの日本語カヴァー
でも有名です。
タイトルの所を”ピンクレディー”って歌って
ましたね。

4.これも当時はそう思わなかったけど
今聴くと名曲です。
UKのPOPROCKバンドスモーキーの
ヴォーカルとクリスと
日本で人気の高かった女性の
UKロッカー、ス―ジーとの企画ものだった
スージーがアメリカでこの曲で初の大ヒット。
クリスのハスキーヴォイスがいいね。

5.これもよく憶えている。
待ちに待ったポールの新曲だった。
アルバムなしでシングルオンリー曲。
御多分にもれず
いわゆるディスコナンバーである。
しつこいがこれも今聴くと「いいな~」
と思う。

実はディスコブームは
「サダディーナイトフィーバー」
の年のようだがその翌年のほうが
隆盛を極めていた。
要するにレコ―ド会社は
猫も杓子も「ディスコ曲創れ」
となったようでこの週の10位に
いたブロンディの
「ハートオブグラス」ですら
ディスコナンバーであった。

曲聴きたい方はYOUTUBEでチェック!







山下達郎アコースティック・ライブ・イン広島(クラブクワトロ)4月25日 1日目終了。

DSC_0472.jpg

驚きの達郎さんアコギライブが
広島のクラブクワトロで開催され
1日目に参加出来ました。

いやぁ、もともとアコギ好きの私
なのでこう言ってはなんですが
通常のバンドライブ以上に
楽しめました、正直言えば。

DSC_0475.jpg

内容はまだ、2日目があるので
書きませんが今年のバンドの
全国ツアー日程が発表されたので
アコギライブはこの広島2DAYSで
とりあえず終了のようです。

DSC_0480.jpg

キャパが広島が多めといっても
2日で800人位って達郎さん言ってたので
厳しいですよね。

いつかアコギで全国ツアーも
ありかな的な事は言ってました。

ステージと客席があまりに
近いせいもあるけど
達郎さんにこにこしてとても
楽しそうでした。

NHK-FMの音楽の新番組情報

NHK-FMだけが今や洋楽番組を
支えてると言っても過言ではないよね。

ラジオ深夜便も毎日洋楽を深夜2時から
特集してるけどこれもNHK-FMでも
聴けるのでなおさら。

というわけで
明日3月12日からNHK-FMでオンエアされる
洋楽を含めた音楽番組を2つご紹介します。

NHK-FM 「萩原健太のポップスクロニクル」
3月12日から16日 午後6時から6時45分

音楽評論家の萩原健太が、
1950年代から1990年代に
かけての日本、そして世界の
ヒットソングを毎回10年ごとに
区切って紹介する。
(公式H.Pより)

こちらは邦楽も含めての内容に
なるようだけど興味深い。

2つ目は
NHK-FM 「忘れじの洋楽スター・ファイル」
DJ/矢口清治 
3月12日から15日 午後4時から4時25分
第1回 サイモン&ガーファンクル(3/12)

久しぶりの矢口氏のDJで
70年代-80年代全米TOP40(ラジオ関東)
ファンにとってはおなじみの方。

こちらはNHKらしいエヴァ―グリーン(古い)
な洋楽アーティストを25分というコンパクト
な尺で紹介するようですでにオンエアリストは
H.Pに掲載されている。
現在4日分しか確認出来ていないが
毎週ベルトでオンエアされるかどうかは
未確認です。

ミュージシャンやタレントが行うDJはたくさん
あるがこうして音楽に特化したライターや
専門DJの番組がもう少しあればといつも
思っているので紹介しました。

いずれにしても番組の情報は
ネットのNHK-FM番組表を確認して
頂けたらと思います。







BRUTUS(ブルータス)「山下達郎サンデー・ソングブック25周年特集」をゲット。

ブルータス2018/02/15号は
な~んと達郎さんのサンソンの特集。

bru1.jpg

このような表紙のブルータスが
コンビニに置いてあるって凄い。

bru2.jpg

特集の冒頭部分であるがこのように
70P余にわたって番組の様子や内容が
これでもかっていうくらい掲載されている。

bru3.jpg

マニア心をくすぐるDJブースの「机の上」  
左に立てかけてあるギターはGIBSON J160E
と見受けられる。
(ザ・ビートルズのジョンがよく使っていた事で
殊に有名なトーンコントロールが付いたアコギ)    
以前はギルドを持って来られていた
時期もあるはず。

bru4.jpg

机上の拡大された写真が特集の
ラストにあった。
机上の手前にあるのは私も持っている
「BILLBOARD TOP R&B SINGLES 1942-1999」
同じ表紙の版本(嬉しい)
何年か毎に更新されるので同じのってなかなか
ない。

サンソンは基本的にサタソンから全部
録音してきてます。
長いですが経緯を書いてみます

放送当時は1年位で終了すると
思っていたので(達郎さんDJ番組は
そういうの結構あったので)
終了したら聴き返そうって感じで。
でも現在25周年ですよ、
放送開始当時はカセットの
54分で録り始め年数が増えて
くるとこれではかさばると思って
脆弱な120分テープで2週分
録るようになりカセットも壊れて
MDを買ってLP4(4倍録れる)で
1本で5週分録れるようになり、
MDも壊れて次は「PCでFMラジオ」
(PCにUSBを差込みして受信する物)
を買ってPCで録るようになり
それも最近はアプリが対応しなくなり
タイマーもうまく作動しないんで
不便なのでICレコーダーで録ったり
結局今年からラジオ付ICレコーダー
を買ってタイマー録音という現在、
メディアの遍歴が我ながら大変である。

本の詳しい事は書きませんが
この特集は凄いです。
隔週刊誌なのでお見逃しなく。

 | ホーム |  次のページ»»